41歳で貯金1000万円。でも老後に不安。貯金計画を立てることも重要。

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『41歳貯金1000万円。老後資金を貯めるため夫にも我慢してもらっていますが……』です。

41歳で貯金1000万円お持ちのようですが、老後に不安を感じているようです。

ですが、もし60歳定年なら、あと20年も貯金できる時間があります。

しかも、お子さんもいませんし、老後に関して、そこまで不安になる必要はないと思うんですがね。

さて、どんなご家庭なんでしょうか?

登場するご家庭は?

旦那さん40歳、奥さま41歳、お子さんはいらっしゃいません。

月の収入は、旦那さんが24万円、奥さまが20万円なんだそうです。

合わせれば、月に44万円の収入があるわけです。

ボーナスは、年間で40万円あるみたいです。

貯金は、1000万円お持ちのようです。

支出は?

一方、支出はこんな感じです。

・住宅費:5万円

・車両費:2万円

・食費:2万5000円

・光熱費:1万5000円

・通信費:2万3000円

・趣味娯楽:1万円

・こづかい:3万円

・雑費:1万円

・保険料:1万6000円

・養育費:1万5000円

・ペット費用:1万円

合計すると、約23万円くらいになります。

月の収入は44万円ですから、44万円ー23万円=21万円を貯めることが出来ます。

年間では、21万円×12か月=約252万円を貯金することが出来ます。

ボーナスからは、5万円くらい貯金しているみたいです。

ですので、252万円+5万円=約260万円くらいは、年間で貯金していることになります。

60歳まで働いたら?

現在、旦那さんは40歳ですから、60歳まで、あと20年あります。

すると、260万円×20年=5200万円を貯めることが出来ます。

今の貯金額は1000万円ですから、合わせると、5200万円+1000万円=6200万円ってことになります。

これが、60歳時点での貯金額になります。

60歳から65歳までは、貯金を切り崩して生活します。

月の生活費は23万円ですから、23万円×12か月×5年=1380万円が必要になります。

これを貯金から切り崩すと、6200万円ー1380万円=4820万円が残ります。

これが、65歳時点での貯金額です。

このご夫婦の年金額は分かりませんが、仮に、月に10万円あったとします。

月の生活費は23万円ですから、生活費の不足額は、23万円ー10万円=13万円になります。

年間では、13万円×12か月=156万円です。

これを貯金から補填するとします。

すると、4820万円÷156万円=約30年で貯金が底をつくようです。

旦那さんが、65歳+30年=95歳までは、生きることが出来そうですね。

これだけあれば、十分じゃないですかね?

いくら必要なのか、いくらずつ貯めるのか?

この調子で貯金をしていけば、老後破産する可能性は、かなり低いですよね。

もちろん、今後、何が起こるか分かりませんので、100%老後破産しないとは言い切れません。

でも、あまりにも将来に不安を持ちすぎるのは、良くないと思います。

では、なぜ、この奥さまは、そこまで不安を感じているのか?

きっと、ライフプランが出来てないからだと思います。

『何歳で仕事を辞めるのか?』

『その時、いくらあれば良いのか?』

『その為には、毎月、いくらずつ貯めないといけないのか?』

などが、把握できていないんじゃないでしょうか?

お金の使い方も大事ですが、貯め方も大事です。

むやみやたらに、お金を貯めこんでも仕方ありません。

だって、死ぬときには、お金は持って行けませんから。

お金って、必要分だけあれば良いんです。

もし、足りなくなったら、その時は働けばいいし、あるいは、誰か(国など)に頼ればいいと思います。

最後に

とはいえ、今の日本は賃金が安いです。

この数十年、賃金は上がっていませんよね。

なのに、物価と税金は、少しずつ上がっている。

これでは、国民の生活は楽になりません。

ましてや、貯金をするなんて、無理かもしれません。

1日も早く、こんな日本から脱出したいですね。

でも、かなり時間がかかりそうな・・・

猛烈に優秀な政治家が現れない限り、このまま続いていきそうな気がします。

であれば、どうするか?

少しずつでもいいので、投資をするしかありませんね。

株・債権・暗号資産などなど。

稼いで貯めるだけでは、限界があります。

お金に働いてもらう。

これをやらないと、まず、生活は楽にならないでしょう。

みなさんは、どう思いますか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。