40代の2人以上世帯の貯蓄額ってどのくらい?30代・50代では?

 

こんにちは。たかです。

明日から仕事なんで、うつ気味なんですが、ファミレスでネットを見て時間をつぶしています。

ああ~、仕事に行きたくない・・・

そんな中、こんな記事を見つけました。

『最新版!年代別二人以上世帯の平均貯蓄額は?』です。

ちょっと、興味を持ちました。

この記事なんですが、『家計と金融行動に関する世論調査』(金融広報中央委員会)から引用されているようです。

二人以上世帯の集計数は3579世帯だそうです、

まあ、多いのか少ないのか分かりませんが、参考程度に見てみました。

さて、40代のみなさんって、どのくらい、貯めこんでいるんでしょうか?

各年代の金融資産

この記事の金融資産とは、『預貯金、貯蓄性のある生命保険、債券や株式、投資信託、その他の金融商品の合計』を言っているようです。

では、どのくらいでしょうか?

ここでは、中央値を書いてみたいと思います。

平均値って、お金持ちがいると、数値が上がってしまいますので、参考になりません。

では・・・

20代:250万円

30代:500万円

40代:800万円

50代:1186万円

60代:1500万円

70代:1500万円

ん~、なんで、50代だけ、数字が細かいんですかね??

まあ、良いとして、40代で、800万円です。

みなさん、いかがですか?

他人と比べるものではありませんが・・・

気になったのが50代・60代

50代で、約1200万円です。

仮に、退職金をもらったら、3000万円くらいになるのかもしれませんが、もし、退職金がなかったら、大変そうです。

さらに、気になったのが、60代です。

1500万円です。

もう、収入は無いかもしれません。

あっても、少ないですよね。

60代で、1500万円って、僕の考えでは、ギリギリかな?って思っています。

もっと、持っているのかと思っていました・・・

でも、70代で1500万円なんで、もしかしたら、60代って、公的年金で生活出来ているのかもしれません。

だって、金融資産が減ってませんからね。

ですが、僕の年代は、そんなことは難しいと思っています。

そんなに、公的年金なんか、もらえませんよね・・・

最後に

やっぱり、公的年金が無いと無理そうですね。

70歳からでも良いので、夫婦2人が生活出来るくらいの額が、支給される事を期待しています。

なんとか、公的年金の範囲内で生活出来れば、貯金なんて必要ありません。

出来るだけ早い段階から、質素な生活を身に着けておかないといけませんね。

我が家は、まだまだ、贅沢な部分がありますので、少しづつ、直していきたいと思います。

生活費を削るのも、楽しみながらやらないとダメですね・・・

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。