40代で貯金2000万円。退職金無しでも老後は大丈夫か?

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を目にしました。

『夫婦共に40代。退職金なしで老後や親の介護が心配』です。

老後資金として、退職金をあてにするケースって、多いと思います。

僕も、その中のひとりでした。

幸い、僕の場合は、『早期退職優遇制度』が出ましたので、若干の上乗せ金があり、通常のサラリーマンくらいの退職金をもらうことが出来ました。

それでも、ギリギリなんですがね・・・

もし、退職金がない場合、どうしたらいいんでしょうか?

この記事を参考に、ちょっと、考えてみました。

登場するご家庭は?

旦那さん43歳、奥さま40歳、5歳のお子さんがいらっしゃいます。

月の収入は、旦那さんが23万5000円、奥さまが12万円です。

合わせれば、月に35万5000円の収入があります。

ボーナスは、年間で約35万円あるそうです。

ちなみに、貯金は、投資も合わせれば約2000万円ほどお持ちのようです。

支出は?

一方、支出はこんな感じです。

・車両費:2万円

・食費:4万円

・光熱費:2万円

・通信費:1万3000円

・趣味娯楽:1万円

・教育費:3万円

・こづかい:2万円

・雑費:2万円

・保険料:2万円

合計すると、19万3000円になります。

月の収入は35万5000円ですから、35万5000円ー19万3000円=16万2000円を貯めることが出来ます。

年間では、16万2000円×12か月=約200万円を貯金することが出来ます。

ボーナスからは、貯金はされていません。

ん~、これだけ貯金出来れば、大丈夫そうな気もしますがね。

60歳まで働いたら

仮に、旦那さんが60歳まで働いたとします。

現在、旦那さんは43歳ですから、あと17年働くことが出来ます。

すると、その間に、200万円×17年=3400万円を貯金することが出来ます。

今の貯金と合わせれば、2000万円+3400万円=5400万円になります。

かなりのお金を貯めることが出来そうですね。

ですが、このご家庭には、2つの問題があるようなんです。

子供の学費

ひとつは、子供学費です。

まだ、お子さんは5歳ですから、これから学費が必要になります。

小学校から高校までは公立、大学は私立に進学したとすれば、どのくらい学費が必要か?

文部科学省の調査を基に計算してみると、約1000万円くらいはかかるようです。

さらに、大学を自宅外から通うことになれば、さらにお金が必要になります。

改築

ふたつめは、改築です。

どうやら、このご夫婦は中古物件にお住いのようです。

いずれは、改築をしないといけない様子。

これって、我が家も同じなんですよね・・・

戸建てを全面リフォームしたら、いくらかかるのか?

ピンキリのようですが、約1000万円~1250万円くらいが多いようです。

老後の資金は?

そこで、子供の学費と改築費を差し引くと、いくら残るのか?

60歳時点の貯金は5400万円ですから、5400万円ー1000万円(学費)ー1000万円(改築費)=3400万円が、老後資金になりそうです。

ん・・・

60歳時点で3400万円あれば、なんとかなるんじゃないですかね。

あとは、公的年金がいくらもらえるか?

この夫婦の場合、生活コストが高くありませんから、年金で生きていけるかもしれませんね。

最後に

我が家も、家の改築を考えています。

いまは2階建てなんですが、平家にしたいと思っています。

いずれ、年を取れば階段は登れなくなりますし、転倒でもしたら大変ですからね。

その為には、1000万円以上のお金がかかりそうです・・・

どうやって、工面しようか・・・

妻と相談していますが、いつも答えは同じ。

妻曰く、『そんなの簡単よ!あんたが働きに行けば良いだけじゃない!』だって。

・・・・

・・・・

早く、株でお金を貯めないと、ホントに働きに行かされそうです。

なんとかしなければ・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。