52歳で貯金6800万円。完全リタイアしたが不安がつきまとう・・・

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『52歳貯金6800万円。去年会社を退職。年金のことが不安に……』です。

ひとこと言わせていただければ、『うらやましい・・・』ですね。

52歳で6800万円お持ちのようですが、老後に不安を感じたみたい。

その理由は、『年金問題』なんだそうです。

年金の何に不安を感じたのかは、分かりませんがね。

では、『このまま完全リタイアしたら、どうなるのか?』を考えてみたいと思います。

登場する方は?

52歳の独身女性です。

貯金は、投資も合わせれば、6800万円お持ちのようです。

年金は、65歳から年間で163万円受給できるそうです。

ただし、直近のねんきん定期便の記載のようですので、これよりは少なくなるかもしれませんね。

なので、ここでは、年金額を150万円にしておきたいと思います。

支出は?

支出は、こんな感じです。

・住宅費:3万1000円

・食費:3万円

・光熱費:1万600円

・通信費:5000円

・趣味娯楽:2万円

・こづかい:1万5000円

・雑費:5000円

・保険料:5000円

・国民年金:1万6000円

合計すると、約14万円くらいになります。

では、この女性は、この生活を継続したら、何歳まで生きることが出来るでしょうか?

65歳まで貯金で生活

現在52歳ですから、年金を受給できる65歳まで、あと13年あります。

この13年間は、貯金を切り崩して生活することになります。

月の生活費は14万円ですから、14万円×12か月×13年=約2200万円が必要になります。

今の貯金額は6800万円ですから、6800万円ー2200万円=4600万円が残ることになります。

なので、65歳時点での貯金額は、4600万円ってことになります。

65歳から年金生活

公的年金を年間で150万円受給できるとすると、月に約12万円もらえることになります。

月の生活費は14万円ですから、14万円ー12万円=2万円が不足することになります。

年間の不足額は、2万円×12か月=24万円ってことになります。

これを貯金から切り崩していくと、4600万円÷24万円=約190年で貯金が底をつくことになります。

まあ、この女性が妖怪でもない限り、お金が足りなくなることはなさそうですね。

年金制度が無くなったら?

では、もし、年金ゼロになったら、どうなるでしょうか?

月の生活費は14万円ですから、年間の生活費は、14万円×12か月=168万円になります。

これを貯金から切り崩して生活するとします。

すると、6800万円÷168万円=約40年で貯金は無くなってしまいそうです。

その時の女性の年齢は、52歳+40年=92歳になります。

もし、年金制度が無くなって、無収入になっても、92歳まで生きることが出来るわけです。

この女性がお金に困るようならば、僕なんか、とっくの昔に飢え死にしています・・・

最後に

意味もなく、お金の心配をするのは、時間の無駄ですね。

ちょっと計算すれば、分かることですから。

きっと、今後のライフプランを作っていないんでしょう。

ライフプランを作成すれば、お金の不安から解消されます。

でも、ゼロにはなりませんけどね。

今後、何に、いくらお金がかかるのか?

ちょっと、こわいかもしれませんが、一度考えてみる必要がありそうですね。

みなさんは、ライフプラン作成していますか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。