実は、我が家の貯金通帳を見たことが無かったので調べてみた。そしたら・・・

 

こんにちは。たかです。

僕は、2019年3月末で会社を早期退職しました。

早期退職するためには、まずは、『お金の問題』ですよね。

『会社辞めて、お給料が無くなっても、生きていけるんだろうか・・・』って、不安になってしまいます。

ですので、まずは、ライフプランシートを作成して、『これから先、どんな事に、どのくらいお金がかかるのか?』を検討しました。

たとえば、『子供の学費はいくらかかるか?』とか『家のメンテナンスはいつするか?そして、いくらかかるか?』などなど。

その結果、『今の貯蓄で、何歳まで生きていけるのか?』を知ることが出来たわけです。

ところが、よーく考えてみると、『今の貯蓄額』を自分の目で確認したことがありません。

ライフプランシートを作成するにあたって、妻に、『今、家にいくら貯蓄あるの?』って聞いただけです。

そして、妻から言われた金額を信用して、ライフプランシートを作成しています。

なので、妻が計算間違いしていたり、嘘をついていたりしたら、ライフプランはくるってしまうわけです。

ってことで、今回、我が家の貯金通帳を、初めて調べてみました。

そしたら・・・

全然たりないけど・・・

出てきた貯金通帳は、10個ありました。

普通預金や定期預金など、いろいろ出てきたんですが、すべて少額預金。

ん~、何でこんなにあるんだろうか・・・

妻曰く『銀行に行くと、いろいろ、勧められたんで作っちゃたんだよね~』だって。

少額のお金が、あちらこちらに、バラバラに入金されています。

今まで、どんな管理してたんだろうか・・・ちょっと、不安になりましたね。

それらを合計していると、イヤ~な予感が・・・

なんと、すべての預金額を足し算しても、妻から教えてもらった貯金額に、全然たりません。

妻に『あの~、言ってた額より、全然少ないけど・・・ほかにあるの?』って聞いてみました。

そしたら、『いや、それで全部だよ!』って。

この瞬間、『あ~、僕のリタイア生活は、終わってしまった。働かないと生きていけない・・・』って思いましたね。

通帳が無い!

それから、妻を呼んで、一緒に計算をやり直しました。

そしたら、妻がこんな事を言ってきました。

『あれ?あと普通預金と定期預金があるはずだけど・・・パソコンで見れるから、確認してみる』だって。

『え~、どういうこと?』って感じです。

パソコンで確認した結果、今ある貯金通帳以外にも、貯金があったようなんです。

ってことは・・・?

『もしかして、貯金通帳失くしたかもね・・・あははっ!』だって。

もう、開いた口がふさがりません。

まあ、パソコンで調べた貯金額を足しこめば、妻が言っていた貯金額に到達しました。

一安心です。

最後に

やっぱり、自分の目で、確認しないといけませんね。

ですが、今回、貯金通帳が無くなっていることが分かって、良かったと思います。

おそらく、タンスの引き出しの奥にでも、入っているんだと思いますがね。

あまりにも不安になったんで、これからは、定期的に貯金額を調べていきたいと思います。

あやうく、働きに行くことになりそうでしたからね・・・

これで、とりあえずは、節制した生活をすれば、70歳までは生き延びることが出来そうです。

みなさんも、お金の管理には、十分ご注意ください!

僕のようにならないために・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

40代からのお金の教科書 (ちくま新書) [ 栗本大介 ]

価格:885円
(2019/8/25 11:02時点)