スズキ60cmオーバー出た。夜のヘチ釣りは釣れる。IN 博多湾 須崎埠頭

 

こんにちは。たかです。

昨日は、お天気も良くなってきましたので、夜釣りに行って来ました。

ちょっと、風はあったんですが、寒くはなかったですね。

仕事をしていた時は、釣りに行っても、仕事の事が頭から離れず、あまり楽しむことが出来ませんでしたが、今は、心底釣りに没頭しています。

さて、昨日は、博多湾の須崎埠頭に行ってきました。

僕の大好きな釣り場の一つです。

具体的には、須崎埠頭の西側の岸壁で、『東洋埠頭』って書いてある建物の前から、埠頭側に向かって釣り歩いています。

では、結果はどうだったんでしょうか?

釣り方について簡単にご紹介

釣果の前に、ちょとだけ・・・

僕は、ヘチ釣りという釣り方で、いつも魚を狙っています。

釣れれば、なんでもいいんです。

仕掛けは、こちらをご覧いただければと思います。

こんな感じで、タイコリールを使っています。

ピンクの輪ゴムは、女性が髪の毛を束ねる時に使うものです。

何のためかというと、タイコリールがクルクル回らないために、固定しています。

タイコリールがクルクル回ってしまうと、あっと言う間に、もつれてしまいますので・・・

この輪ゴムは、100均に行ったら売っています。

竿は、メバル釣り用のものを使っています。

軽いし、頑丈だし、ガイドの滑りもいいですので、使いやすいです。お勧めです。

シマノ(SHIMANO)メバリング ロッド ソアレBB S800LT

新品価格
¥10,932から
(2019/5/22 08:58時点)

釣果のご紹介

釣り場に着いたのは、18時半くらいでした。

まだまだ、明るくって、釣りになる状況ではありません。

ゆっくりと仕掛けを作りまして、コーヒーでも飲んでいる間に、こんな風景になってきました。

少し暗くなってきなしたので、エサをハリにつけて、釣りの開始です。

今日は、エサであるアオイソメを、2匹掛けで挑戦してみました。

ところが・・・

まったく、アタリがありません。

エサ取りの小物の魚さえ、つついてくれません。

時間は、どんどん過ぎていき、初めてアタリがあったのが、20時ごろです。

『コツコツ、コツコツ』と、小さなアタリです。

ですが、このメバル用の釣り竿は、小さなアタリもキャッチしますので、大丈夫です。

少しだけ、竿先を海面に送り込んでやります。

そのあと、少しだけ、上の方へ誘いをかけると、竿先が、『グンッ』

と海中に持って行かれます。

ヒットです!

ですが・・・

あまり、引き込まない。

『なんだ、小物だったのか・・・』と思いながら、リールを巻いていると、突然、『グングン、グングン』海中に引き込まれていきます。

親指で抑えているタイコリールから、道糸がどんどん出ていきます。

『これは、デカい!』

今までに、経験したことない引きです。

かなり、やり取りをして、やっと上がって来たのが、こちらになります。

ジャーン、65cmのスズキでした。

僕が釣った中で、一番大きなスズキですね。

家に持って帰って、捌くのは面倒なので、逃がしてやりました。

その後、アタリは無くなりました。

1時間くらいは、サッパリです。

『今日は、これでおしまいかな・・・』なんて、思っていた時に、『コツコツ、コツコツ』と、先ほど同じようなアタリが!

ゆっくりと竿先を海面に送り込んでから、少しだけ、上方向に誘いをいれると、『ガクン!』と、強烈なアタリです。

一気に、タイコリールから、道糸が出てきます。

先ほどのスズキとのやり取りの後なので、腕に力が入りません。

なんとか、ハリスを切られることなく上がって来たのは、こちらです。

これまた、60cmオーバーの63cmでした。

いい引きしてましたね。

このあと、65cmと45cmのスズキを釣りあげました。

最後に

今回は、60cmオーバーを3匹、45cm1匹と、いい釣果だったと思います。

昨日は、最後の大潮で23時くらいが満潮時間でした。

なので、ずっと、上げ潮で釣っていたことになります。

潮にも恵まれていたかもしれません。

この釣り方は、誰でも、簡単にできるやり方です。

エサ代も、500円あれば十分ですし、手も車も汚れませんので、お勧めの釣り方です。

次回は、闇夜の大潮の時に、挑戦してみたいと思っています。

何が釣れるか、楽しみです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。