コロナの確保病床が埋まらない理由。そもそも受け入れる気がない。でも金はもらう。

 

こんにちは。たかです。

東京では5,967床もコロナ専用病床を準備しています。

しかし、今現在でも、4,271人しか入院していません。

なぜ、ですかね?

ニュースでは、『コロナ患者たらいまわし!』みたいな報道がされているんです。

ベッドは空いているのに、患者は入院できない。

まことに不思議な現象が起きています。

そんな中、こんな記事を見ました。

『コロナ病床30~50%に空き、尾身茂氏が理事長の公的病院 132億円の補助金「ぼったくり」』です。

さて、どんな事が書いてあったのか?

ご紹介したいと思います。

公的病院でこれですか?

この記事には、こう書かれています。

『地域医療機能推進機構(JCHO)傘下にある都内5病院のコロナ専用病床183床のうち、30%が空床であることがわかった』だって。

内訳を見てみると、こんな感じです。

・東京蒲田医療センター:コロナ専用病床78床、空床42床

・東京山手メディカルセンター:コロナ専用病床37床、空床13床

・東京高輪病院:コロナ専用病床18床、空床2床

全部で、57床が空床になっているんですね。

まあ、公的病院がこんな感じですから、民間病院が受け入れをするはずありません。

では、どうして、空床になっているのか?

記事では、こう書かれています。

『JCHOは、国からの要請に基づきJCHO以外の医療逼迫地域の病院へ、全国のJCHO病院から看護師の派遣を行ってきました。しかし、全国的な感染拡大に伴い、各地域においても看護師のニーズが高まってきた結果、全国のJCHO病院から当院への派遣が困難となってきました』

要するに、看護師さんが不足しているから、受け入れられないってことなんでしょう。

だったら、確保病床から除外しないといけませんよね。

だって、この病院、お金もらっているんですよ!

1日7万円?

厚労省はコロナの患者の受け入れ体制を整えるため、コロナ専用の病床を確保した病院に対して、多額の補助金を出しているそうです。

新型コロナ専用のベッド1床につき、1日あたり71,000円の補助金が出るらしいです・・・

しかも、これって、ベッドは使われなくてもお金が出るそうです。

ってことはですよ。

東京蒲田医療センターでは、42床使われていませんから、1日あたり、71,000円×42床=298万円が入ってくるわけです。

1ヶ月では、298万円×30日=約9000万円になります。

ぼろもうけですね!

最後に

これが、今の日本の現状のようです・・・

なんだか、ガッカリですね。

もう、何を信じていいか分かりませんね。

これだけ医療を受けられなくて困っている人がいるのに、お金だけもらって、知らん顔できるんですからね。

今でさえ、5,967床がコロナ病床として確保されているようですが、実際には4,271人しか入院していません。

5,967床ー4,271人=1,696床は空いているんです。

そして、その病床に、1,696床×71,000円=約1億2千万円が支払われているんです。(ん・・・計算、合っているかな?)

これって、詐欺じゃないのかなぁ・・・

みなさんは、どう思いますか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。