自営業って大変なんですね・・・サラリーマンより金持ちになれる可能性はあるけど

 

こんにちは。たかです。

僕は、2019年3月末に会社を早期退職しました。

なので、サラリーマン生活を約26年やったわけです。

その間、なんども『自営業者になりたい』って思っていました。

ですが、最終的には、ずっとサラリーマンをやったわけです。

なぜか?

その理由は、『飯を食っていく自信がなかったから』です。

サラリーマンなら、ぼーっとしててもお給料くれますから、飯が食えなくなることはありませんからね。

やっぱり、自営業って、大変なんだと思います。

そんな中、今日、こんな記事を見ました。

『39歳、夫が起業。貯金が増えず、100万円に…』です。

旦那さんが自営業者になり、お金に困っているみたいです。

さて、どんなご家庭なんでしょうか?

登場するご家庭は?

旦那さん37歳、奥さま39歳、3歳のお子さんがいらっしゃいます。

月の収入は、旦那さんが23万5000円、奥さまが7万5000円なんだそうです。

合わせれば、月に31万円の収入があります。

当然ながら、ボーナスなんかありません。

世帯年収にすれば、約450万円くらいになるんでしょうか。

貯金は、100万円お持ちのようです。

支出は?

一方、支出はどうなんでしょうか?

・住宅ローン:7万2000円

・車両費:4000円

・食費:3万円

・光熱費:1万5000円

・通信費:1万5000円

・趣味娯楽:1万円

・教育費:1万5000円

・こづかい:4万5000円

・雑費:2万2000円

・保険料:6万8000円

合計すると、約30万円になります。

月の収入は31万円ですから、31万円-30万円=1万円を貯めることが出来ます。

年間では、1万円×12か月=12万円です。

ですが・・・

自営業とは、収入は不安定ですよね。

もし、収入が減ってしまったら、貯金どころではないかもしれません・・・

さて、どうしたものか?

家計の見直し

このままでは、貯金が増えることはありません。

であれば、収入を増やすか、支出を減らすしかありません。

でも、手っ取り早いのは、支出を減らす方ですよね。

では、何を減らすか?

このご家庭は、保険料がバカみたいに高いです。

月に6万8000円も払っています。

その内訳は、こんな感じです。

《旦那さん》
◉がん保険:保険料5500円
◉終身保険:保険料6000円
◉終身保険:保険料2万円
◉医療保険:保険料5000円
◉外貨建て保険:保険料6000~7000円

《奥さま》
◉医療保険:保険料5000円
◉終身保険:保険料5000円

《こども》
◉学資保険:保険料1万5000円

ん~、ちょっとした、保険マニアみたいですね。

日本は、国民皆保険がありますので、医療保険って、ほとんど必要ありません。

貯金があれば、大きな病気をしてもなんとかなりますからね。

終身保険も、無理して加入する必要はありません。

今苦しいのに、将来のためにお金を支払うのは、順番が間違っています。

なので、学資保険を除いた保険をすべて、解約あるいは払い済みにしてしまいます。

そうすれば、月に5万円貯金が出来るわけです。

年間で60万円になりますから、お子さんの学費に使うことも出来ますよね。

最後に

ところが、このご夫婦は、2人目のお子さんが欲しいようです。

ん・・・どうですかね?

もし、2人目のお子さんが生まれたら、奥さまの収入は無くなってしまいます。

すると、生活は破綻するかもしれませんよね・・・

僕なら、2人目の子供は、あきらめると思います。

旦那さんの収入が安定し、今以上の収入を得ることが出来るようになれば、考えないことも無いですがね。

やっぱり、自営業って、大変だな・・・って感じました。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。