29歳でセミリタイア。いくらあればリタイア可能?

 

こんにちは。たかです。

僕は2019年3月末に会社を早期退職し、自由な時間を楽しんでいます。

といっても、今年で50歳になってしまいました。

でも、50歳って、まだまだ元気ですよね。

足腰も大丈夫だし、車の運転も支障なし。

何だって出来る年齢です。

これが、アーリーリタイアのいいところでしょうか?

だって、60歳になると、50歳の時より動きが悪くなりますからね。

できるだけ、若い時に自由になったほうが、いいような気がします。

今日、こんな記事を見ました。

『29歳、貯金1500万円。仕事が嫌になりセミリタイアしたい』です。

なんと、29歳でセミリタイアですか?

29歳なんて、バリバリ元気なころです。

うらやましいですが、29歳でリタイアするって、お金はどうするんでしょうね?

登場する方は?

この記事に登場する方は、29歳の独身男性です。

リタイア後は、実家に戻り、月8万円ほどのアルバイトをする予定なんだそうです。

実家は、築15年のご両親の持ち家なんだそうです。

現在の貯金は500万円で、その他に1000万円を投資にまわしているようです。

収入は、配当金が年間20万円あるようですね。

さらに、ご両親から、約2000万円を相続する予定なんだそうです。

支出は?

支出は、こんな感じです。

・住宅コスト:1万円

・食費:2万円

・光熱費:2万円

・雑費:1万円

なんと、月の生活費は、6万円なんだそうです・・・

ん~、かなりスリムな家計ですね。

リタイア後は、国民年金、国民健康保険、通信費などを入れると、10万円くらいにはなるでしょうね。

生きていけるのか?

月の生活費が10万円で、月に8万円稼ぐとしたら、不足額は月2万円ってことになります。

年間では、24万円です。

ですが、年間の配当金が20万円ありますので、実質4万円の不足という事になります。

年金を受給する65歳まで、あと36年あります。

ってことは、36年間でいくら貯金を切り崩すことになるか?

36年×4万円=144万円ってことになります。

現在、500万円の貯金がありますので、500万円ー144万円=356万円が残るわけです。

65歳から年金をもらいますが、その時って、いくらになっているか分かりませんよね・・・

仮に、現在の国民年金の平均支給額の約5万5000円で計算すると、どうなるでしょうか?

月の生活費が10万円ですから、月の不足額は4万5000円になります。

年間では、54万円が足りません。

配当金が、今と変わらなければ20万円ありますので、実質の不足額は34万円です。

その時、貯金と相続するお金で、356万円+2000万円=2356万円あります。

ってことは、2356万円÷34万円=69年間は貯金が底をつくことはありません。

なので、65歳+69年=135歳までは、生きることが出来そうですね。

今すぐ会社をやめても困らないお金の管理術 (集英社ビジネス書)

最後に

この男性の場合、貯金500万円、相続2000万円、投資1000万円をお持ちです。

貯金としては、合計すると約3500万円ってことになります。

そして、毎月の支出は10万円くらいです。

このくらいの条件であれば、29歳という若さでも、セミリタイアは可能だという事が分かります。

しかも、月のアルバイト代は8万円です。

今の時代なら、パソコン1台で、稼げるお金かもしれません。

入社してすぐから、副業をしながら、貯金に励めば、30歳でセミリタイアも夢ではありませんね。

もし、その副業で月に10万円くらい稼げるようになれれば、リタイア後も余裕のある生活が出来るかもしれません。

今後は、こういった生き方を選択する人も、増えてくるかもしれませんね。

贅沢をしなくても、しあわせを感じることが出来る人は、こんなことも出来るんですね。

みなさんは、どう思われますか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。