大学生にさらに借金しろってか?そんなことしたら返済できないよ・・・

 

こんにちは。たかです。

コロナの影響で、仕事が無くなってしまった方もいらっしゃると思います。

我が家の息子も、その一人なんですがね。

大学生もアルバイトが出来なくなって、学費や生活費に困っているようです。

先日、テレビを見ていたら、約13人に1人は大学を退学することを考えているんだそうです。

その理由は、『学費が払えないから・・・』だって。

かなり、きびしい状況に追い込まれていますね。

親の収入が減った

中でも、大変なのは、『親の収入が減った家庭』です。

大学生のアルバイトが無くなっただけならば、親から援助を受ける事も出来ます。

しかしながら、親の収入が激減した場合、そんなことは出来ません。

しかも、多くの学生は、学費に関しては、親が支払っているケースが多いと思います。

そういったご家庭では、学費を払うことが出来なくなりますからね

ある学生さんは、こんなことを言っていました。

『親が自営業なので、収入がゼロになってしまった』

『なので、自分の学費を払うような余裕はない』

『かといって、自分で稼ぐことも出来ない』

『そうなれば、退学するしかない・・・』って。

奨学金を借りろ?

こんなニュースに関して、ある大学の学長さんは、こんなことを言っていました。

『いろんな奨学金制度がある』

『そういったものを活用して、凌いでほしい』だって。

僕には、ちょっと、違和感がありました。

なぜならば、こういった学生は、おそらく、既に奨学金を借りているはずです。

2019年3月に労働者福祉中央協議会が発表した、日本学生支援機構奨学金の借入総額の平均は324万3000円だったそうです。

社会に出る前に、既に、300万円以上の借金をしているわけです。

なのに、『さらに、借金をしろ!』というのか?

社会人になったら借金返済ばかり

そうなると、社会人になって、お給料をもらうようになっても、借金返済ばかりです。

月に数万円も払わないといけないわけです。

それじゃなくても、お給料は安いわけですから、大変ですよね。

僕も、高校・大学を奨学金を借りて進学しましたので、そのつらさはよく分かります。

できれば、あまり多くのお金は借りない方が良いんです。

であれば、大学も『学費の一部免除』などを考えてもいいんじゃないでしょうか?

奨学金まるわかり読本 2020: 借り方・返し方・活かし方徹底アドバイス

新品価格
¥1,650から
(2020/4/26 10:23時点)

最後に

残念ながら、今の日本では、大学を中退して仕事に就くことは、なかなか難しいと思います。

なので、できれば退学しない方が良いと思います。

とはいえ、お金が無ければ、どうしようもありません。

大学側も、ちょっとは、考えてほしいものです。

この大学の学長さんのコメントを聞いて、違和感と共に、ガッカリしてしまいました。

もっと大人が知恵を出しあってほしいものです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。