家賃を払うくらいなら家を購入した方が良い?

 

こんにちは。たかです。

家賃を払うくらいなら、家を買った方が良いんじゃないか?

そう考えることってありませんか?

だって、いくら家賃を払っても、家は自分のものにはなりません。

でも、住宅ローンを組んで、家賃と同じ額を払えば、いずれは、家が自分のものになるわけです。

そう考えたら、住宅ローンを組んで、家を買った方が良いんじゃないか?

今日、こんな記事を見ました。

『都内に住む37歳女性「この先独身なら、マンションを購入した方がいい?」』です。

登場する方も、『家賃を払い続けるのなら、家を買った方が良いんじゃないか?』と思っているようです。

でも、いくらの家を買えばいいのか?

そう悩んでいるようです。

さて、みなさんなら、いくらの家を購入しますか?

登場する方は?

37歳の独身の女性です。

今のところ、結婚する予定はないそうです。

月の収入は27万円で、ボーナスはありません。

年収にすれば、約400万円くらいになるんでしょうか?

貯金は、投資も合わせれば、約1000万円ほどお持ちのようです。

支出は?

一方、支出はこんな感じです。

・住居費:7万5000円

・食費:3万円

・水道光熱費:7000円

・教育費:5000円

・保険料:5000円

・通信費:7000円

・こづかい:3万円

・交際費:1万円

・その他:3万円

合計すると、約20万円になります。

月の収入は27万円ですから、27万円ー20万円=7万円を貯金することが出来ます。

年間では、7万円×12か月=84万円になります。

さて、みなさんなら、家を買いますか?

買うとすれば、いくらの家を買いますか?

もし買うのなら・・・

月の家賃は7万5000円です。

仮に60歳まで働いたとします。

すると、あと23年あるわけです。

ってことは、7万5000円×12か月×23年=2070万円の支払い能力があるってことになります。

もし、住宅ローンを組むとしたら、いくら借入れできるか?

計算してみると、約1800万円ほど借入れすることが可能です。

このくらいの家なら購入可能ですが、どうなんでしょうか?

新築は無理そうですので、中古物件になりますけどね。

でも、こうすれば、60歳時点で、約3000万円の貯金を確保することも出来ます。

老後資金としても、準備することが出来ますけどね・・・

これ以上の金額を借入れすると、月の支払額を増やすか、支払期間を延ばすしかありません。


最後に

もし、家賃を10万円支払っている方はどうなるでしょうか?

仮に、あと30年間働くとすれば、10万円×12か月×30年=3600万円を支払うことが出来ます。

ってことは、約3000万円ほど借入れができます。

3000万円なら、新築だって可能かもしれません。

まあ、住む場所にもよりますがね・・・

なので、家を購入するなら、早めに決断したほうがいいんでしょうか?

ただし・・・

30年間も同じ年収で働くことが出来るかどうか?

もし、クビにでもなったら、大変ですからね。

支払いが出来なくなれば、家を売るしかありません。

そこが、住宅ローンの怖いところです。

賃貸に住んでいるのなら、引っ越しすればいいだけですから。

ん~、いつ家を買うか?

ホントに、悩ましい問題です。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。