逆イールドが発生したら株は売るべきか?過去の株価から結論を出した!

 

こんにちは。たかです。

アメリカの株価は、上がったり下がったりして、不安定な状況です。

これは、株価だけではなく、アメリカ債券の利回りも同じような感じです。

この記事を書いている段階では、アメリカ2年国債の利回りは1.490、10年国債の利回りは1.737です。

その差は、0.247しかありません。

通常は、10年国債の方が、2年国債よりも利回りが高いです。

しかし、時として、この利回りが逆転してしまうことがあります。

これを『逆イールド』と言います。

一般的に、逆イールドは景気後退・株価下落の先行指標と言われているようです。

現状、その差は0.247と、あまりありません。

もしかしたら、今年中に逆イールドが発生するかもしれません。

では、この逆イールドが起きてしまったら、株を買っている私たちは、どうしたらいんでしょうか?

今日は、その辺りについて、書いてみたいと思います。

過去の逆イールド

では、過去には、何回、逆イールドが発生しているんでしょうか?

調べた結果、こんな感じです。

◉1989年1月

◉1998年6月

◉2005年12月

◉2019年8月

1980年以降では、4回の逆イールドが発生しています。

では、その後、株価はどうなっているんでしょうか?

【逆イールドが発生した年】【その後のNASDAQの最大暴落率】【逆イールドからNASDAQ暴落までの年数】について書いてみたいと思います。

◉1989年1月➡約31%下落➡1年6か月後

◉1998年6月➡約80%下落➡1年9か月後(ITバブル)

◉2005年12月➡約50%下落➡1年10ヶ月後(リーマンショック)

◉2019年8月➡約28%下落➡6か月後(コロナショック)

こんな感じです。

やはり、逆イールドが発生したら、20%以上の下落が起こっても、おかしくないかもしれません。

中には、ITバブルやリーマンショックのように、50%以上の下落をくらうかもしれません。

であるのなら、やはり、逆イールドが発生したら、株はすべて売却したほうが良いんでしょうかね?

すぐには下落しない?

逆イールドが発生したら、すぐに下落するんでしょうか?

コロナショックの時でも、逆イールドが発生してから暴落まで、約6か月を要しています。

では、その間、株価はどうなっているんでしょうか?

次に、【逆イールドが発生した年】【NASDAQ暴落までの株価上昇率】について、書いてみたいと思います。

◉1989年1月➡約32%上昇

◉1998年6月➡約260%上昇

◉2005年12月➡約30%上昇

◉2019年8月➡約25%上昇

ごらんのとおり、逆イールドが発生しても、すぐには暴落せず、20%以上は株価は上昇しています。

そして、その後に、暴落がやってきているんですね。

ですから、逆イールドが発生しても、すぐに売却せず、少なくとも、20%上昇分の利益を確保してから、売却したらいいんじゃないでしょうか?

最後に

いかがでしょうか?

僕としては、逆イールドが発生したら、インデックスファンドは売却しようと思っています。

しかし、すべてではありません。

売却するのは、『レバナス』のみ。

普通のS&P500やNASDAQは、ガチホールドするつもりです。

だって、50%くらい下落しても、たいしたことありませんからね。

買い増しすれば良いだけです。

でも、レバナスは、そうはいきません。

NASDAQが50%下落するということは、レバナスは80%くらいの下落になるはずです。

さすがに、80%も下落したら、きびしいですよね・・・

でも、もしかしたら、50%くらいの下落で済むかもしれません。

なので、逆イールドが発生しても、レバナスは半分を売却し、残りの半分は、ホールドしようかと思っています。

そうすれば、買い増しも出来ますし、下落によるダメージも少なくなりますからね。

何かの参考になれば幸いです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。