独身ならいくらあれば50歳で仕事を辞めれるのか?アーリーリタイアは計画的に

 

こんにちは。たかです。

僕は、2019年3月末で会社を早期退職しました。

49歳で、会社を辞めました。

早く会社を辞めたかったものですから、ライフプランシートなるものを作成しまして、『貯金と年金で何歳まで生きれるか?』を考えていました。

今のプランでは、貯金だけで70歳までは、なんとかいけそうです。

その後はどうするのか?

いまのところ、『年金のみで生活出来ないだろうか?』と無謀なことを考えています。

さて、もし、僕が独身だったら、いくらあれば50歳でリタイアしただろうか?

そんなことを考えていました。

月の生活費は10万円

我が家では、妻と二人で約15万円くらいで生活しています。

家は持ち家なので、家賃はかかりませんが、食費や光熱費、娯楽費なんかは、2人分かかりますので、独身と比べれば、高めになります。

僕の予想では、独身ならば、10万円もあれば、ひと月生活できるんじゃないでしょうかね。

ただし、ひとつ、条件があります。

それは、住居費です。

りっぱな家に住もうとすれば、月に数万円かかりますが、田舎の1軒屋をさがせば、安くで住めます。

おそらく、2~3万円もあれば、十分じゃないでしょうか。

残り7万円で生活できます。

贅沢さえしなければ、余裕で行けそうな気がしますがね。

3,600万円あればリタイアできる

仮に、50歳でリタイアし、90歳まで生きたとします。

月の生活費が10万円ですから、1年で120万円かかります。

それが、40年続きますので、120万円×40年=4,800万円あれば、リタイア可能です。

でも、僕らには、年金というものがあります。

ここでは、国民年金並みのお金がもらえたとしましょう。

今、約6万円ほど、国民年金は受給できます。

そして、年金受給開始時期を70歳とします。

そしたら、90歳までの20年間、年金を受給できますので、6万円×12か月×20年=1,440万円がもらえるわけです。

ってことは、4,800万円ー1,440万円=3,360万円あれば、リタイアできそうですね。

年金額が10万円ならば貯蓄は少なくて済む

先ほどは、年金額を6万円としました。

ですが、サラリーマンを50歳までやっていれば、もっともらえる可能性高いですよね。

仮に10万円もらえるならば、70歳以降は、年金だけで生活すればOKです。

となると、50歳から70歳までの20年間の生活費さえあれば、なんとかなりそうです。

10万円×12か月×20年=2,400万円あれば、リアイアできそうですね。

そんなに貯まらない?

『たかさん、そんなに貯まりませんよ!』って言われる方、いらっしゃいますよね。

ですが、大学卒業して、50歳までの28年間で、2,400万円を貯めればいいわけです。

平均すれば、年に85万円、月に7万円、貯めればいいわけです。

もし、ボーナスや退職金があれば、月の貯蓄額はもっと少なくてもいいですからね。

会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方 「投資」と「給料」で着実にお金を増やす方法 [ 中桐啓貴 ]

価格:1,598円
(2019/8/20 19:41時点)

最後に

もし、独身だったら・・・なんて、妄想しておりました。

入社してすぐから、アーリーリタイアを考えているのなら、なんとかなりそうですね。

貯蓄のスピードを上げたり、投資なんかをすれば、40歳くらいでリタイアすることも可能です。

なんで、もっと早くに、そのことに気がつかなかったかな・・・

人生、やり直せるなら、40歳リタイアですかね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

幸せの確率 あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ / 内山直 【本】

価格:1,728円
(2019/8/20 19:24時点)