独身なら絶対にアーリーリタイアを目指す。出来る可能性は大。

 

こんにちは。たかです。

アーリーリタイアを阻む原因って、家のローンと子供の教育費ですね。

我が家は、この2つが、早めにおわりましたので、僕は会社を早期退職することが出来ました。

かといって、死ぬまで安泰ではありません。

お金はそんなにないんです・・・でも、会社辞めちゃいました。

仮に、僕が独身だったら、どうしただろうか?

またしても、僕の妄想癖が出てきました。

独身って、どのくらいいるのか?

50歳までに、独身の方って、どのくらいいると思いますか?

ちなみに、僕の姉は、50歳を超えていますが、独身です。

仕事をしながら、いろんなところに行って、遊びまわっています。

『いいなぁ~』って、思っていました・・・

現代は、いろんな生き方がありますので、独身で自分の時間を大切にするっていう生き方も、良いと思います。

2015年の国勢調査によると、50歳までに一度も結婚しない男女の割合は、男性23.4%、女性は14.1%なんだそうです。

ところが、現在、30代後半の未婚率は、男性は35%、女性は23.9%らしいです。

未婚率って、上がってきているんですね。


生活費はいくらか?

総務省統計局の調査によると、単身世帯のひと月の消費支出は、35歳未満の世帯で155,808円、35~59歳の世帯で192,311円、60歳以上の世帯で148,358円みたいです。

まあ、15万円あれば、生活できるってことですね。

ってことは、年間180万円あれば生きていけます。

20年では、3600万円ですね。

仮に3600万円あれば、50歳でリタイアしても、70歳まで生きれます。

その後は、年金で生活すれば良いわけです。

若いころから、貯金と資産運用をしていれば、3600万円なら、なんとかなるかもしれませんね。

僕だったら・・・

もし、僕が独身だったら、50歳より若くして、会社を辞めて自由に生きると思います。

僕ひとりだったら、月に15万円も使いませんし・・・

そして、高齢になってから、一緒に暮らすパートナーが見つかると良いですね。

いわゆる、『異性の同居人』です。

気も楽だし、さみしくもないし、最高かもしれません。

最後に

アーリーリタイアという概念を、若い時に知っていたら、僕の人生も変わっていたかもしれません。

結婚して、子供を育てて、定年まで働いて、老後をゆっくりする。

そんなことくらいしか、考えていませんでした。

ホントに、おバカでした。

もっと、若いうちから、人生設計をやった方が良いですね。

学生の時がいいのか、社会人になってすぐが良いのか、分かりませんが・・・

少なくとも、40歳超えてからでは遅すぎます。

我が家の子供たちには、早めに伝えておきたいことですね。

今は、自分の時間を自由に使って、快適な毎日です。

もっと、明るく・楽しく・やさしく・感謝して生活できるよう、取り組んでいきたいです。

そして、みなさんにも、良いことがたくさん起きたら、うれしいですね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。