退職から1か月で『社会からの隔絶』を感じている先輩。僕の場合は・・・

 

こんにちは。たかです。

今日、久しぶりに会社の先輩から、電話がありました。

その先輩も、僕と同じように『早期退職優遇制度』を利用して、会社を退職した方です。

離職票が、まだ届かないとの事で、心配になって、僕に連絡をして来られました。

結局、明日、届くとの事らしいのですが、ちょっとだけ、その先輩の事が心配になりました。

不安になったりしないか?

その先輩から、一言。

『なんか、仕事してないと、社会から隔絶されたみたいで、不安になったりしないか?』って。

ん??

僕には、言っている意味が、よく分かりませんでした。

思わず、『どういう意味ですか?』って、聞き返してしまいました。

失礼ですよね・・・

すると、先輩は、『家族意外と、誰とも話さないだろう。なんか、社会から置いて行かれてるみたいで・・・』って。

『あ~、なるほど、そういう意味か!』って、理解できました。


まったく思わない

僕は、今の生活が、楽しくて仕方ありません。

仮に、社会から隔絶されていても、なんの問題もありません。

困ったこともありませんし、人から干渉されないので、快適です。

ですが、そんな風に思わない人がいるんだと分かりました。

人それぞれですよね。

じゃあ、元に戻りますか?

おもわず、『じゃあ、元の仕事に戻りたいですか?』って、聞いてしまいました。

ちょっと、意地悪な言い方ですかね。

すると、先輩は一言、『もう、十分。戻りたくない』って。

そうなんですよね・・・

1か月前まで、仕事がイヤでイヤで仕方なくって、会社を辞めたのに、もう、そのことを忘れている。

今のしあわせな部分を見ることなく、イヤな部分だけ見ているんです。

ストレスも無くって、自由な時間を過ごして、しあわせなんです。

それを感じずに、家族としか話してないとか、社会から隔絶されているとか、イヤな事に目を向けているんです。

これでは、どこに行っても、なにをやっても、しあわせは感じられません。

もっと、自分の好きにしましょう!

電話の終わりに、先輩に言った言葉です。

『こうしなければいけない』とか、『こうあるべきだ』とか、どうでもいいと思っています。

大事なことは、『如何に、自分を大事にすることができるか?』だと思ってます。

もっと、自分の好きに生きたらいいんじゃないか?

失礼ながら、先輩に言ってしまいました・・・

最後に

突然、会社を辞めて、社会との接触がなくなると、不安になる気持ちも分かります。

でも、その裏には、『社会と接触が無いといけない』とか、『人は1人じゃ生きれない』とか、思い込んでるんじゃないのか?

その前に、もっと自分を大事に、自分を幸せにすることを考えたほうが、楽しい人生を送れるんじゃないかと思います。

電話の最後に、先輩から、『お前と話して、スッキリしたわ。ゆっくり生きるよ』って。

なんか、救われた気持ちがしました。

何ごとにもとらわれず、明るく・楽しく・やさしく・感謝して生きていければ、僕はそれで十分です。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。