社会人の実家暮らしについて。子供の目線、親の目線、僕の思い。

 

こんにちは。たかです。

我が家では、『社会人になったら、家を出て1人暮らしをすること』を子供たちに義務付けています。

いまのところ、子供たちから、クレームが入ったことはありません。

事実、息子は会社を辞めるようですが、家に戻ってくる気配はありません。

どこかの女性の家に転がり込むんじゃないかと思うんですが・・・

話しが脱線しました・・・

では、親の目線、子供の目線で、『社会人の実家暮らし』について考えてみたいと思います。

子供から見れば・・・

よーく考えると、僕も、28歳から実家暮らしをしています。

とはいえ、家のローンを払わせられたんですが・・・

子供からすれば、実家から会社に通うのであれば、家賃が必要ありません。

さらに、ガス・水道・電気、すべて親が払ってくれます。

食事だって、少し多めに作ってくれれば、食費だって親が負担してくれます。

もしかしたら、洗濯、掃除も親がしてくれるかもしれませんね。

ってことは、金銭的には、家賃・食費・光熱費が浮いてきます。

労力的には、洗濯・掃除をやらなくていいわけです。

仮に、親に月5万円渡しても、十分メリットがありますよね。

若い時はお給料も安いですから、貯金をするためには、実家暮らしは最高の手段かもしれません。

親から見れば・・・

ハッキリ言えば、子供が1人いたとしても、そんなに金銭的に変わりはありません。

1人増えたからといって、電気代や水道代が倍になることありませんからね。

ですが、1人暮らしをしないと、親のありがたみが分かりません。

洗濯、掃除など、今まで親がやってくれていた事を自分でやる事で、家事の大変さを感じるわけです。

金銭的にも、実家暮らしは、完全に自分の力で生きているとは言い切れません。

少しは、親に頼っているわけです。

この辺りが、親としては、不安になってしまいます。

そして、もし、会社を辞めてしまったら・・・

それこそ、親を頼って、『無職の引きこもり』になってしまうかもしれません。

そうなれば、親としては、その後のことが心配ですよね・・・

僕としては・・・

僕は、先にも書きましたが、『社会人の実家暮らし』は認めていません。

動物に例えれば、サバンナに出ても、しっかり生きていける能力を身につけてほしいんです。

小さな子供の頃は、動物園のように、狭いオリの中でエサを貰いながら育っていく。

ある程度大きくなれば、牧場のように、広い場所で自由に生きていく。

そこは、サバンナのように敵もいないし、エサも貰える。

だたし、ずっと先には柵があって、完全に自由ではない。

そして、大人になれば、サバンナに出て、完全に自由になる。オリも柵もない。

けれど、敵は多いし、エサは自分で獲らないといけない。

僕は、こういった感覚で子供たちを育ててきましたし、教えてきました。

なので、社会人になれば、自分の手でお金を稼ぎ、自由に生きてほしいと思うんです。

実家にいては、この経験は出来ないような気がします。

ていへん親孝行 独身・カネなし・実家暮らしでも、親の喜ぶ顔が見たい [ 大日野 カルコ ]

価格:972円
(2019/9/15 17:11時点)

最後に

とはいうものの、もし、子供たちが『実家で暮らしたいと言ってきたらどうしようか?』と思う事があります。

息子は事業を始めようとしています。

もし、失敗すれば、お金に困ることでしょう。

そうなれば、『家に戻りたい』ってことになるかもしれません。

その時は、どうしたらいいんだろうか?

まだ、答えは持っていません。

家に入れてしまえば、出ていくことは無いかもしれません。

逆に、突き放してしまえば、どうなるか分かりません。

心配は尽きないものです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。