暇を取るかストレスを取るか?アーリーリタイア出来ない人は暇が怖い?

 

こんにちは。たかです。

僕は、2019年3月末で会社を早期退職しました。

その後は、仕事もせず、家でブラブラしています。

そんな中、先日、実家に帰省している娘から、こんな事を言われました。

『おとうさん、毎日暇じゃない?あたし、そんな生活、耐えられんわ~』だって。

正直、『ほっといてくれ。わしの勝手じゃ!』って思いましたね。

いろんなブログを見ていると、リタイアして暇になるのが怖いって方も、いらっしゃるようです。

定年後、どうやって時間を潰そうか・・・

なんて、悩んでいらっしゃるお父様方もいるようなんですね。

僕から言わせれば、『暇を取るか、ストレスを取るか?』です。

みなさんなら、どっちですか?

ストレス満載で幸せか?

僕は26年間、サラリーマンをやりました。

毎日毎日、ストレスの連続で、よくぞ26年も耐えられたなと、自分のことながら感心します。

そのくらい、ストレスにさらされ、憂鬱な毎日を送っていたわけです。

連休なんかは、僕のストレスを倍増させるイベントでしかありませんでした。

連休の最終日なんか、朝からうつ状態で、布団の中でうずくまっていました。

そんな感じなので、サラリーマン生活の中で、『しあわせだな~』なんて思う事は、ほとんど、ありませんでした。

常に考えていた事は、『はやく、仕事辞めたい・・・』ってことです。

暇すぎなのに幸せか?

結論から言えば、『しあわせ』です。

仮に、何もすることが無くて暇すぎても、ストレスにはなりません(僕の場合)。

布団の中でうずくまることもありませんし、連休が怖くなることもありません。

これといって、僕を悩ませる出来事も起きませんし・・・

強いて言えば、『お金がなくなるかも・・・』っていう不安はありますが。

といっても、今日明日で無一文になるわけじゃありません。

あと、10年は生きていけます。

そう考えると、10年は、やりたいように生きることが出来ます。

まあ、10年以内に死んじゃうかもしれませんしね。

先のことを心配しずぎても、仕方ないです。

そんなに暇か?

そもそもですが、僕は、娘がいうほど暇じゃありません。

朝食作ったり、食器洗ったり、犬の散歩やブログの作成などなど。

家事をやっていれば、1日でやることは、いくらでもあります。

サラリーマンをやっていると、家事がどのくらい大変なのかを理解していません。

そういう僕も、会社を辞めるまで知りませんでした・・・

なので、退職して暇になるのが怖いと思っているのなら、心配いりません。

やる事は、たくさんあるわけですから。

しかも、やりたいことがあるのなら、絶対に暇になんかなりませんね。


最後に

『暇になるのが怖くて、アリーリタイア出来ない』とか『定年後、どうやって時間を潰そうか・・・』なんて思っているのなら、心配ご無用。

それよりも、仕事のストレスを抱えて、頭がおかしくなりそうだったら、早めに辞めたほうが良いです。

当然、仕事が楽しいって方は、やり続けたほうが良いですよ。

でも、仕事辞めても、時間を持て余すし、何をしていいか分からない。

なので、イヤな仕事を無理やりやっているというのであれば、考え方を変えてもいいかもしれません。

娘には、こう伝えました。

『お父さんは大丈夫、こう見えても、あなたより忙しいから』って。

そしたら、娘は、『へぇ~、そうなのね・・・』って顔してました。

親のことを、信じていませんね。

まあ、どちらでもいいですが・・・

今日も、のんびりとした時間を楽しみたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

◆◆定年なき余暇活動 寄らば地域の時代のコミュニティ戦略 / 瀬沼克彰/著 / 日本地域社会研究所

価格:2,160円
(2019/8/16 10:41時点)