『停滞感』って40代~50代のサラリーマンが感じる事らしい。

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を目にしました。

『まじめに働いてきた40~50代が抱く「停滞感」の正体』です。

みなさんは、会社で仕事をしていて、こんな事を感じたことありますか?

・新しいことに挑戦する機会が減った

・自分の成長が止まってきた

・若手主軸の職場で私の居場所はあるのかな などなど。

この記事によると、これって、40代~50代のサラリーマンが陥る『停滞感』なんだそうです。

では、なぜ、こんな停滞感を感じてしまうんでしょうか?

それによると、大きく2つの原因があるみたいです。

40代の停滞感:出世できなかった

40代になれば、社内で出世できるかどうか、なんとなく、分かりますよね。

どんどん出世していけば、新たな職位、新たな仕事に従事することで、停滞感なんか感じることがありません。

ところが、残念ながら、出世できなかった人は、ずっと同じ仕事を続けるわけです。

僕の場合で言えば、マネージャー職になれず、ずっと下っ端の営業マンなんです。

そうなると、だんだん、マンネリ化してきて、『オレの成長も止まったなぁ』って感じるんだそうです。

あるいは、大きなプロジェクトの責任者が、30代に任されることがあります。

30代の社員にとっては、チャンスですよね。

そして40代は、その30代の責任者の下で、働かないといけない・・・

『以前は、オレだって、責任者としてやっていたのに・・・』なんて、自分の居場所がなくなったような気分になるようです。

50代の停滞感:役職定年

50代の方も、40代の方と同じようなことで、停滞感を感じると思います。

ですが、50代のひとつ特徴的なのは、いくら出世した人でも、いつかは、終わりが来るという事です。

社長にまで上り詰めれば話は別ですが、多くの人は、55歳くらいで『役職定年』がやってきます。

そうなると、重要ポストからおろされ、若手の支援に回されるようになります。

要するに、主役が、自分じゃなくなるわけです。

こうなると、中には、やる気が無くなったり、会社に裏切られた気分になる人もいるようですね。

ハッキリ言って無関係

この記事を読みながら、『サラリーマンって、やっぱり、大変だな~』って感じました。

僕なんか、出世どころか、『肩たたき』されるんじゃないかと思っていましたので、停滞感よりはスリル感を感じていました。

っていうか、いつまでも、自分が中心となって仕事をすることが出来ると思っていることに、違和感を感じます。

自分だって、先輩方が第一線から退いたから、出世できたわけです。

だったら、早めに退いて、後輩にゆずったほうが良いと思うんですがね。

成長感なんて、自分でやり方さえ変えれば、いっくらだって感じることが出来ます。

なんなら、会社を辞めて自営業でも始めてみればいいわけです。

毎日が成長の連続でしょう。

居場所だって出来ますしね。

最後に

この記事を読んで、サラリーマンの定年は、45歳にすればいいと思いました。

能力があって、出世することが出来た人だけ、50歳とか60歳まで働けばいいんじゃないですかね。

で、会社は、今まで60歳まで支払っていたお給料を、45歳までにすべて払ってしまう。

それでも、会社は、儲けが出ると思いますよ。

そして、僕みたいなポンコツ社員は、45歳で仕事を辞めて、他の仕事を始める。

こうなれば、みんな、ハッピーになれると思うんですが・・・

僕は、会社を辞めて5か月が経過しましたが、停滞感なんて、感じませんね。

つまらない毎日を過ごすくらいなら、会社を辞めちゃった方が、楽しいと思います!

ですが、アーリーリタイアは計画的にやってくださいね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

モンスター組織 停滞・混沌・沈没・・・8つの復活ストーリー [ リブ・コンサルティング ]

価格:1,836円
(2019/8/27 12:18時点)