来週から始まる株のバーゲンセール。株を買うなら、これから。

 

こんにちは。たかです。

先週のアメリカ株は、まあまあ、下落しましたね。

パウエルさんの発言以降、弱気相場になったようです。

ちなみに、先週1週間の下落は、こんな感じでした。

・ダウ:-2.7%

・NASDAQ100:-3.12%

・SP500:-2.73%

しかし、本格的に下落していくのは、来週以降じゃないですかね・・・

リーマンショックも9月から?

リーマンショック時のチャートを見てみると、2008年9月2日の週から、下落を始めています。

なので、もしかしたら、今回も来週あたりから、大きな下落になるかもしれません。

ちなみに、リーマンショックの時は、2008年9月2日から、2009年3月初旬までに、約47%ほど下落しています。

もし、今から同じくらい下落したとしたら、SP500で2080ポイントまで、下落することになります。

現在、約3900ポイントですから、約1900ポイントも下落することになります。

軽く、コロナショックの最安値を超えることになります。

ん・・・

もし、ここまで下がってしまったら、かなりのダメージがありそうですね。

株のバーゲンセール

しかし、考え方によっては、株のバーゲンセールとも言えます。

リーマンショックの時、SP500は、2009年3月に大底になり、その後、順調に株価は上昇していきます。

なので、下落した時に買い集めていけば、大きな利益を出すことが出来たと思います。

しかし、50%近く下落した時に、株を買うことが出来るか?

僕に、その勇気があるか?

50%も株価が下がったら、『もう、上がって来ないんじゃないか?』って思ってしまいそうです。

この不安感に勝てるかどうかが、勝敗の分かれ道になるのかもしれません。

最後に

アメリカの経済は、ここから、どんどん悪くなるんだろうと思います。

パウエルさんも、『インフレを退治するためには、経済を犠牲にするのは仕方がない!』と思っているようですからね。

株価が下がっても、FRBは利下げはしないんでしょう。

インフレが退治できたと分かるまで、利下げはしない。

ですが、その方が、長期的には、株価にとっては、良いことかもしれません。

中途半端な利上げの方が、株価には良くないかもしれません。

僕は、そう思っています。

なので、来週以降、株価が下落していけば、少しずつ買い集めていきたいと思います。

勇気を振り絞って・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。