レバナスやめろって?どうしてなのか、未だに理解できない僕はバカなのか・・・

 

こんにちは。たかです。

先日、ブログ読者の方から、『レバナスはやめたほうがいいですよ!』とアドバイスをいただきました。

以前にも、他の方から、アドバイスいただいたのですが、未だに、その理由が分かりません。

なぜ、レバナスはやらない方が良いのか?

もしかしたら、ホントに危ない投資をしているかもしれないので、調べてみました。

今日は、その辺について書いてみたいと思います。

レバナスとは?

レバナスとは、『レバレッジNASDAQ100』のことで、NASDAQ100の株価指数の2倍の値動きになるように、レバレッジをかけた投資信託やETFのことです。

たとえば、NASDAQの株価指数が3%上昇すると、価格が倍の6%値上がりするように運用されるわけです。

なので、上昇する時も、下落する時も、通常より大きく動くわけですね。

まあ、スリル感があって、僕は、好んで投資をしています。

さて、このレバナスに対して、反対する方が多いようです。

というか、ほとんどの方が、反対している感じがしますね・・・

では、レバナスの何が悪いのか?

一般的に言われている、レバナスの弱点について、書いてみたいと思います。

レバナスの弱点

ここからは、僕が調べたレバナスの弱点とそれに対する、僕の意見を書いてみたいと思います。

◉低減リスクがある

低減リスクとは、株価の上げ下げで、徐々に基準価格が下がっていくということです。

たとえば、こんな感じです。

NASDAQの基準価格が100円だったとします。

そこから、10%下がると90円になります。

今度は、そこから10%上がったとしたら、99円になるわけです。

しかし、レバナスの場合、2倍の動きになりますから、こうなります。

NASDAQが10%下がると、レバナスは20%下がることになります。

すると、100円だった基準価格は、80円になります。

そこから、NASDAQが10%上がったとしたら、レバナスは20%上がるわけです。

となると、80円の基準価格は、96円にしかならないわけです。

通常のNASDAQは99円に戻っているのに、レバナスは、96円にしか戻っていない。

これが、低減リスクです。

だから、レバナスは、レンジ相場みたいな時は、損をすると言っているようです。

しかし・・・

どんどん下がっていくのなら、買い増しすれば良いだけじゃないですかね?

NASDAQが10年後、20年後に上昇するのであれば、安い時に買えばいい。

そう思います。

◉下落が激しい

これは、単純ですよね。

レバナスは、NASDAQの2倍動くわけですから、NASDAQが下がれば、レバナスは2倍下がるわけです。

なので、リーマンショックの時は、NASDAQは50%下落でしたが、レバナスに換算すると、約80%の下落になります。

100万円投資していたら、20万円になりますからね・・・

この下落に耐えられない人は、レバナスには、投資しない方が良いですね。

なので、レバナスが悪いのではなくて、その人が下落に耐えられるかどうかが、問題なわけです。

僕は、下落したら、買い増ししますので、まったく問題ありません。

まあ、逆イールドが発生したら、一旦、手仕舞いするかもしれませんがね。

最後に

その他、『信託報酬が高い』とか『単純に2倍の値動きにはならない』とか『国が注意喚起している』とか、いろいろありました。

ですが、どれもこれも、僕にとっては、どうでも良いことばかりでしたね。

信託報酬が高いと言っても、それ以上のパフォーマンスが出るわけですから、気にしませんね。

ですが、レバナスに投資するうえで、大事なことが、2点あると思います。

まず、1点目は、先ほども書きましたが、『大きな下落に耐えられるか?』ってことです。

『どんなに下がっても、売らない!』

これが出来ればいいと思います。

さらには、『下落したら、買い増しする!』が出来れば、なお良いでしょうね。

そして、2点目は、『NASDAQは上昇すると信じる』ってことです。

これが信じられないのなら、投資はやめたほうがいいですね。

上昇すると信じているから、投資をするわけで、下落すると思っているものに投資はしませんよね。

NASDAQは上昇すると信じているのなら、どんなに下落しても狼狽売りはしませんよね。

だって、待っていれば、そのうち上がってくるんですから。

それどころか、格安で買えるわけですから、チャンス到来です。

いろんな方からアドバイスいただいたんですが、やはり、レバナスに投資してはいけない理由が分かりません

僕はバカなのかも・・・

これから先も、ジャンジャン、レバナスへ投資をしていきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。