成功法則ってなに?っていうか成功ってなに?

こんにちは。たかです。

先週は、土日休みだったんで、ゆっくりしてました。

昨日は、昼間は、くそ暑い中サイクリングして、夕方は洗濯・掃除です。

ビールを飲むには、まだ時間が早かったので、近くの本屋さんに涼みに行ってきました。

本屋さんっていいですね。静かだし、新しい本はいっぱいあるし。

ほとんど、買うことはないんですが・・・

うろうろしながら、最終的に辿り着いたのが、『自己啓発』のコーナーでした。

やっぱり、興味を引くタイトルの本が多いですね。

かなり盛ってるキャッチーなタイトルの本が、最近は多いように思います。

特に、『〇〇の成功法則』とか、『成功した人の成功法則』とか、ほんとに心をひきつける本が多かったです。

僕のブログのタイトルも、こんな風にしないと、誰にも読んでもらえないんですね。

ちょっとだけ、反省しました・・・直ってませんが

まあ、1時間くらい、『自己啓発』のコーナーで立ち読みしてました。

お店の人、ほんとにすみません。いつか、絶対に買いますので、許してください。

今回、僕が読んできた本は、『〇〇の成功法則』とか、『成功した人の成功法則』なんていうタイトルの本です。

5冊くらいは読みました。

ですが・・・

法則って書いてるわりには、全部書いていることが違う・・・

なぜ??

もひとつ、気になることがありました。

それは・・・

そもそも『成功』ってなに??

どの本も、『成功』の定義が、どこにも書いてないんですね。

いきなり、『イチロー』とか『大谷選手』とか、『年収が10倍になった』とか『美人と結婚した』とか・・・

これらの本の中では、こんな人たちを、『成功者』って呼んでいるんです。

おそらく、『自分の希望がかなった』ことを、『成功』って呼んでるようでした。

世間一般的には、これらの人達は『成功者』って呼ぶのかもしれません。

ですが、ご本人は、成功したって、感じているのかな?

ふと、思ってしまいました。僕はやはり、へそ曲がりですね。

もし、年収が10倍になりたかった人が、それを実現した。

この事象だけ取り上げれば、希望がかなって、成功したと言ってもいいと思います。

一方で、仕事が忙しくなり、奥さんが子供たちを連れて出ていった。

こんな風になったら、どうでしょうか?

いや、それでも成功したんだ。って思う方もいるかもしれません。

そうじゃなくて、家庭を犠牲にして、家族がバラバラになるのであれば、それは成功とは言わない。って方もいらっしゃるのではないか?と思ったんです。

僕が考える成功とは?

成功とは、いろんな条件が自分の希望どおりになっている時に、感じる事なんじゃないか?って思うんです。

少し、考えてみました。

今の僕は、成功なんだろうか??

お金にはそんなに困ってない。家族もまあまま元気。でも仕事には超不満はある。

トータルとしては、50%くらい成功かなと思います。

希望していた早期退職はしたが、お金に困り、家族が病気、なんてことになれば、僕は成功とは言えなくなります。

やはり、希望どおりの生き方をしても、その他の条件が希望どおりにならなければ、成功とは思わないと感じるんです。

最後に

成功なんて、希望のレベルを上げれば、達成が難しくなる。

でも、レベルを下げれば、達成しやすくなる。

もしかして、成功の法則とは、高望みしない事。今の現状に、感謝する事。

どうしても、今の現状に感謝できない時は、逃げ出すこと。

これなんじゃないかな?って、帰りの自転車をこぎながら考えていました。

最近、ちょっと、病的になってきたかな???

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

積極的感謝の力 「成功法則」という種子を育てる「感謝」という土壌 [ 徳田芳和 ]

価格:1,404円
(2018/8/27 13:39時点)