夏の甲子園が中止に。仕方ないのかな。でもこれだけはやってあげてほしい。

 

こんにちは。たかです。

夏の甲子園が中止になったそうです。

高校3年生にとっては、最後の大会だったんですがね・・・

ちょっと、かわいそうな気がします。

僕も、7~8年前に、子供たちにソフトボールを教えていました。

その中から、甲子園に出場した子供もいます。

ソフトボールから、硬式野球に転向し、甲子園を目指して練習をしていました。

既に、小学生くらいから、甲子園を目標にしているんです。

朝から晩まで、練習漬けの毎日です。

当然、それを支える親御さんも、大変だと思います。

そういった子供たちにとっては、大会自体が中止になるってことは、ホントに、つらいんじゃないかと思うんです。

感染対策は難しい?

野球自体は、感染リスクは低いスポーツだと思います。

ラグビーみたいに、人と人とが接触する機会は、あまりありませんからね。

ですが、全国大会になれば、宿舎に寝泊まりすることになります。

地方の高校は、甲子園を日帰りすることなんて、出来ませんから。

なので、集団生活をすることになるんですよね。

そこで、感染対策をやることは、難しいかもしれません。

もし、ひとりでも感染者がでたら、即、大会は中止になるでしょうから。

高野連としても、中止の判断をせざるをえなかったんでしょう。

地方大会はやってほしい

もし、このまま、全ての試合をやめてしまったら、高校3年生は消化不良になるでしょう。

今まで練習してきたのに、その成果を発揮する場所がない。

なので、せめて、地方大会は出来ないか?

無観客でもいいので、子供たちに試合をさせてあげてほしい。

そして、優勝校には、甲子園出場の権利をあげてほしい。

実際には、試合は出来ないんですが。

僕は、そんなことを考えています。

でも、子供たちは、どう思っているのか分かりません。

『どうせ甲子園に行けないのなら、やってもムダ!』って思っているかもしれませんが・・・

まあ、子供たちに、『どうしたいか?』を聞くことが出来ればいいんですがね。

コロナ終息後に全国大会?

コロナ終息後に、地方予選を勝ち抜いたチームには、試合をさせてあげてはどうでしょう。

当然、当時の選手たちが、全員集まることは難しいかもしれません。

でも、集まることが出来る子供たちだけでも、試合をやったらどうだろうか?

そんなことを思ってしまいました。

でも、いつできるか分かりませんけどね・・・

最後に

野球以外の競技も、中止になっています。

なので、すべての競技で、子供たちのフォローをしてあげてほしいと思います。

もしかしたら、冬のサッカーもラグビーも、中止になるかもしれません。

でも、『他の競技も中止になったから、サッカーもラグビーも中止にする!』っていう考え方は、やめてほしいですね。

コロナが落ち着いてきて、競技が出来る状態ならば、やらせてあげたいです。

夏の甲子園が無くなったのは、残念ですが、何かひとつでも、子供たちに思い出を残してあげたいですね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。