夏休み明けの不登校。今週あたりから、体調不良を訴えるかもしれない。

 

こんにちは。たかです。

夏休みも、残すところ、約1週間くらいになりましたね。

お母さんは、ホッとしているんじゃないでしょうか?

子供の食事を準備するだけでも、大仕事ですよね。

でも、この時期になると、夏休みの宿題の追い込みに入るんじゃないでしょうか?

我が家の子供たちが小学生の頃は、ラスト1週間は大変でしたね。

なにしろ、宿題をまったくやってませんでしたから・・・

特に、息子は、最終日になっても、ほとんど宿題が終わってない。

最悪の時には、自由研究が残っていたりしました。

もう、手遅れです・・・

そして、決まって、こう言うんです。

『学校に行きたくない・・・』って。

このフレーズ、あんまり、子供の口から聞きたくないですよね。

体調不良が続くこともあるらしい

なにかしら、学校で問題を抱えている子供は、夏休みが終わりに近づくと、体調不良を起こしやすいんだそうです。

『学校が始まる・・・』って思うと、体の調子が悪くなるんでしょう。

『今まで、あんなに元気だったのに、なんで?』って思うかもしれませんが、これは、子供のSOSのサインみたいです。

我が家の息子が、夏休みの最終日に『明日、学校行きたくない・・・』っていうのは、原因がはっきりしていました。

それは、『夏休みの宿題をしてないから』です。

なので、『やってない自分が悪いんだから、怒られてきなさい!』で済む話です。

ところが・・・

他に原因がある場合は、そうはいきませんよね。

原因がわからない

なぜ、学校に行きたくないのか?

これは、子供にしか分からないことですが、本人に聞いたところで、答えてくれることは稀です。

特に、『いじめ』が原因の場合は、子供は、なかなか正直に話してくれません。

実は、僕もいじめられた経験があるんですが、親には言えませんでした。

なぜなら、『かっこわるいから』です。

『僕、○○君たちに、いじめられてるんだ』なんて、口が裂けても言えませんでした。

ですので、原因を調べるには、本人に確認しても、無駄なことが多いです。

子供の雰囲気と周辺情報が大事

我が家の息子も、登校拒否になったことがあります。

突然、元気が無くなり、家にじっとしている様になりました。

いつもは、学校から帰ってくると、すぐに遊びに行くような子供だったんですが。

当然、本人に、『なにか、学校であったの?』なんて聞いても、『何もない!』って答えるだけでした。

でも、想像はついていました。

遊びに行かないってことは、友だち関係で、なにか問題があったのだろうと。

すぐに、担任の先生、友だちのお母さんに相談したら、『仲の良かった友だちから、最近、無視されているらしい』ということが分かりました。

いじめに関しては、周辺から情報収集するのが、一番確実なような気がしますね。

子供って、『○○君ね、○○君たちから、無視されてるよ!』なんて、ポロっと話しますからね。

無理をさせない

僕の場合は、いじめにあっても、無理やり学校に行かされました。

つらかったですが、なんとか、乗り越えることが出来ました。

運が良かったんですね。

息子の場合は、本人が、『学校に行く!』って言うまで、学校を休ませました。

たしか、2・3日休んだと思います。

そしたら、無視していた友達がお見舞いに来てくれたんですね。

それで、登校拒否は改善しました。

息子の場合も、運が良かったと言えるでしょう。

僕は、いじめに遭ってまで、無理して学校に行く必要は無いと思っています。

なんなら、学校を転校してもいいし。

学校なんか行かなくっても、ちゃんと、大人になれますからね。

最後に

今日は、夏休み明けの不登校について、僕の思いを書いてみました。

ですが、これって、子供に限ったことではありませんよね。

大人だって、連休明けは、仕事に行きたくないです。

その原因は、人間関係だったり、仕事関係だったり。

大人も子供も、同じなわけです。

大人も子供も、無理をしてはいけないんです。

困難に立ち向かう事も大事ですが、逃げることも大事です。

どちらも、生きていく為の技ですからね。

もし、子供さんが『学校に行きたくない・・・』って言ってきても、慌てることなく、向き合ってみてくださいね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

この本、子育てにも、役に立つと思います!

不登校は1日3分の働きかけで99%解決する [ 森田直樹 ]

価格:864円
(2019/8/24 22:36時点)