20代で手取り15万円の派遣社員。どうやって貧乏から脱出するか?

 

こんにちは。たかです。

今日も、ネットでウロウロと記事を読んでおりました。

すると、こんな記事が・・・

『「食事はおにぎり1個」手取り15万円の契約社員になった20代女性の後悔』です。

なんとも、切なくなるタイトルじゃありませんか・・・

20代の女性が、おにぎり1個で生活しているなんて。

しかし、よくよく記事を読んでみると、案外、無駄使いをしているかも。

さて、この女性は、貧乏から脱出できるのか?

1円も貯金できない?

この記事に登場する方は、20代の女性です。

手取りは15万円で、ボーナスは無いようです。

ちなみに、家賃は6万2000円なんだそうです。

ってことは、残りは約9万円くらいってことになります。

ん・・・

僕も、独身の頃は、このくらいの手取りでしたが、貯金出来ていましたけどね。

1円も貯金できないなんて、いったい、何に使っているんでしょうか?

コンビニ飯

この女性、どうやら、料理が苦手なようです。

なので、自炊はしないみたい・・・

では、何を食べているのか?

そうです・・・

コンビニ弁当やおにぎり、サンドウィッチを食べているようなんです。

僕からすれば、サンドウィッチなんか、贅沢品です。

ホントにコンビニ飯は、高くつきますよね。

3食コンビニだと、1日1500円くらいかかっているかも。

ってことは、1ヵ月の食費は45000円ってことになります。

貧乏から脱出するには?

まずは、月に2万円くらいは、貯金できるようになりたいですね。

自炊を始めれば、2万円くらいは食費をカット出来そうです。

まあ、自炊と言っても、炊飯器でお米を炊いて、おかずはウインナーくらいでいいんじゃないですかね。

立派な食事を作る必要もありませんし。

毎月2万円を株に投資するだけでも、20年も続ければ、約800万円を貯めることが出来ます。

もし、3万円投資できるのなら、1200万円になるわけです。

ちょっと自炊するだけで、1200万円になるんですから、やった方が良いと思います。

転職より簡単

貧乏から脱出するには、転職して収入を上げるって方法もあります。

でも、このご時世です。

なかなか、転職して収入を上げるのは、難しいかもしれません。

あるいは、『副業としてアルバイトをする』なんて方法もあるでしょう。

ですが、時間を拘束されますし、自由な時間は無くなってしまいます。

生活のために働いているようなものです。

ん~、僕には出来ないですね・・・

であるならば、ちょっと節約をして、投資にまわす。

月に数万円なら、なんとかなるかもしれません。

最後に

日本人は、『労働をしてお金を稼ぐ』ということに、固執しているような気がします。

それ以外の収入を得る方法に、危険を感じているんじゃないでしょうか?

『損をするんじゃないか?』

『騙されているんじゃないか?』

そんな気持ちが強いような気がします。

今の20代でも、投資をやっている人は、約50%くらいなんだそうです。

残りの半分は、貯金だけやっているわけです。

なんだか、もったいないような気がします。

僕が若かった頃と比べれば、簡単に投資をすることが出来ます。

スマホがあれば、出来ますからね。

デフレ経済ですから、特に若い人たちは、お給料が安いわけです。

このまま行くと、年を取ってからお金に困るかもしれません。

であるのなら、今のうちから、準備をした方が良いですね。

余計なお世話かもしれませんが・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。