25年前より年収が下がっている。いくら下がっているか?ビックリですよ!

 

こんにちは。たかです。

みなさんの年収って、上がっていますか?

僕は3年くらい前まで働いていたんですが、あまり上がらなかったですね・・・

僕は今52歳なんですが、この世代って、年功序列がなくなって、いちばん損していると思います。

そろそろお給料上がるかな・・・なんて思っていた時に、会社から、こう言われました。

『年齢給をやめて、能力給に変更します!』って。

能力給って、会社にとっては、ホントに都合がいいですよね。

『あなた、能力ありません!』ってことにすれば、お給料上げなくていいわけですからね。

まあ、僕の場合は、ホントに能力が無かったので仕方ないんですがね・・・

経済財政諮問会議の資料

話は変わりますが、政府は3月3日に、経済財政諮問会議を開いたんだそうです。

その時に提出された資料が公開されていました。

この資料は、総務省『全国家計構造調査』・『全国消費実態』の個票を内閣府が独自に集計し、2019年の世帯所得を1994年と比較、分析したものらしいです。

では、各年代の世帯所得とは、どんな結果だったのか?

少しだけ、書いてみたいと思います。

25歳~34歳の世代所得の中央値

◉1994年:470万円

◉2019年:429万円

41万円ほど、所得は下がっているようです。

これは、非正規社員が増えたからではないかと考えられているようです。

35歳~44歳の世代所得の中央値

◉1994年:657万円

◉2019年:565万円

なんと、92万円も減っています。

この世代は、就職氷河期にあたり、仕事に就けなかったことが影響しているそうです。

45歳~54歳の世代所得の中央値

◉1994年:826万円

◉2019年:631万円

ん・・・

ちょっとビックリなんですが、195万円も減っていますよ・・・

僕はこの世代なんですよね。

やっぱり、いちばん損をしてます。

これは、やはり、年功序列の影響を受けたからのようです。

増税もある

こうやって見てみると、この25年間で、日本人の所得は減っていることが再確認できました。

しかし、これだけではないんですね。

まず、1994年の消費税は3%です。

2019年には10%になりましたので、増税になっています。

さらに、社会保険料も上がっていますよね。

ってことは、国民の可処分所得は、メチャクチャ減ってますよね。

これじゃあ、少子化になっても仕方ありません。

日本の『少子化政策』は、成功したってことですかね・・・

最後に

このままだと、お給料が上がることはありません。

だって、消費が少ないんですからね。

積極財政をやって、需要を高め、お金の循環を良くしてほしいんですがね・・・

まあ、政治家さんに期待しても仕方ありませんので、まずは、自己防衛をした方が良さそうです。

少ない収入の中から、少額でもいいので投資をやる。

そして、複利の力を使って、資産を増やしていく。

その為には、時間が必要になります。

なので、1日も早く、資産運用にとりかかった方がいいですね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。