資産1億円以上は126万世帯超えなんだそう。40歳で会社辞めてやる

 

こんにちは。たかです。

日本もお金持ちが増えたんですね。

資産が1億円以上ある世帯って、126万もあるそうですよ。

うらやましいですね・・・

僕だったら、速攻で仕事辞めて、好き勝手な暮らしをしますね。

間違いありません。

もし、1億円持っていたら、何歳で、リタイアできますかね?

ちょっと、計算してみました。

40歳でリタイア可能か?

ざっくりと、年間の生活費を300万とします。

仮に70歳から、年金が貰えるとして、夫婦であれば、少なくとも、120万円はもらえるでしょう。

という事は、70歳からの生活費は、180万円で足りることになります。

40歳から70歳までに、300万×30年=9000万円

残りは、1000万円になります。

ちょっと、不安ですかね・・・

あと、何年生きれるでしょうか?

1000万÷180万=5.5年

投資とか、何にもしなかったら、75歳くらいまで生きることが出来そうですね。

もし、250万円で生活出来たら

40歳から70歳までに、250万×30年=7500万円

残りは、2500万円あります。

このくらいあれば、少しは安心です。

年金で足りない分を、貯金から出すとすれば、250万ー120万=130万

70歳からは、130万円が貯金から毎年、無くなっていく計算です。

では、あと何年生きれるでしょうか?

2500万÷130万=19年

という事は、年間250万円で生活出来れば、89歳まで生きていくことが出来ます。

仮に、60歳まで使わないお金を投資したら

年間、250万円で生活するとして、40歳から60歳まで使うお金は、250万×20年=5000万

残りは、5000万円あります。

この5000万円は、20年間、銀行かタンスか、どこかに、ジッとしているわけです。

もったいないので、配当金を3%出してくれる銘柄に投資するとします。

そうすると、年間で、150万円配当金をいただけるわけです。

それが、20年も続いたら、150万×20年=3000万円 にもなります。

ということは、60歳の時には、5000万円+3000万円=8000万円が手元にある計算になります。

そこから、10年間は、250万円を使い続ければ、250万×10年=2500万円 が無くなっていきます。

ですが、8000万円ー2500万円=5500万円 が残っています。

じゃあ、5500万円で、あと、何年生きることができるでしょう?

5500万÷130万=42年

ということは、70歳+42年=112歳

112歳までは、何にも働かなくても、生きていけますね。

ん~、そんなに長生きしなくってもいいかなぁ・・・

最後に

完全に、妄想の世界に入っておりました。

僕に、そんなお金があるわけありません。

ですが、現実に、1億円を持っている人がいるんですよね。

40歳で、働かない生活が出来ますよ。

ちょっとでも、お金になりそうなことをやれば、さらに、余裕の生活です。

ん・・・僕も、もう一度、生活費なんかを見直して、働かずに生きていけないか?考えてみたいと思います。

あっ、でも、僕の計算ですが、配当が3%ずっと続くかどうかが問題ですけど・・・そこが、落とし穴です。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。