ドル建て終身保険の最大の弱点。弱点を強点に変えるにはどうしたらいいか?

 

こんにちは。たかです。

みなさんは、生命保険に加入されていますか?

僕は、ドル建ての終身保険に加入しています。

なぜ、加入しているかと言えば、将来、夫婦のどちらかが生きている間は、年金を受け取ることが出来るからです。

僕が加入している保険は、保険料の支払い期間は10年で、それ以降は解約すれば年金として、月に約400ドルほど返金してくれます。

しかも、夫婦どちらかが生きていれば、その間、ずっと返金が続く契約になっています。

計算では、僕が83歳まで、妻が80歳まで生きていれば、支払った保険料を取り戻すことが出来ます。

さらに長生きすれば、支払った保険料以上に、お金を受け取ることが出来るわけです。

しかし・・・

ドル建ての保険には、最大の弱点があります。

それは・・・

為替リスクがある

今のように、円安になってしまうと、支払う保険料が高くなります。

たとえば、年に5,000ドルの保険料を支払っていたとします。

1ドル100円の時なら、支払う保険料は50万円で済みますが、1ドル115円になると、57万5000円の支払いになります。

なんと、7万5000円も支払いが多くなるわけです。

まあ、運が良ければ、逆のケースもありますけどね。

この為替リスクを、どうしたらいいのか?

円安の間、少しは支払いを待ってもらうこともできるようですが、待っている間に、さらに円安になったら、どうしようもありません。

なので、円安であったとしても、サッサと支払った方が良いかもしれませんね。

では、他に、方法はないものか・・・?

ドルで受け取る

保険料を支払う時は、円安になると困りますが、逆に、受け取る時は、円安になっていれば、得をするわけです。

たとえば、年に4000ドルを受け取るとします。

1ドル100円の時は、年に40万円を受け取ることが出来ますが、1ドル115円になったら、46万円を受け取ることが出来ます。

6万円も多く受け取ることが出来るわけです。

しかし、そんなにうまくいくものなのか・・・

保険料を支払う時は円安になり、受け取る時は円高になる・・・

そんなことが起こるかもしれません。

そうなっても損しないように、円で受け取るのではなく、ドルで受け取れば良いわけです。

そして、円高の時はドルで保有して、円安になった時にドルを円に換えれいいだけです。

こうすれば、為替リスクをうまく利用できると思います。

最後に

Yahooで記事を見ていると、ドル建ての終身保険は、為替リスクが怖いので、円建ての終身保険を勧めている記事を見かけます。

これは、僕の考えですが、円建ての終身保険はやめた方が良いと思います。

その理由は、『解約返戻金が少ない』からです。

支払った保険料よりも、戻って来るお金の方が、少ないわけです。

それならば、掛け捨ての生命保険に加入したほうが、マシだと思いますね。

中には、『生命保険に入るヤツはバカだ!』と言われる方がいますが、一概には、そうとも言えないと思います。

もし、奥さんと子供がいて、自分が大黒柱だったとします。

その自分が、ある日突然、事故で命を落としてしまった。

では、残された家族は、どうしたらいいのか?

奥さん1人で子供を育てるのって、大変ですよね。

教育には、お金もかかりますし・・・

その時、もし、5000万円の保険金が下りてくれば、数年は家族は安心して暮らせるんじゃないでしょうかね。

生命保険は残された家族のためのものだと思っています。

なので、そういった家族がいなくなれば、生命保険はいりませんね。

僕の場合は、妻が死ぬまで、月に約400ドルもらうために契約しています。

おそらく、僕の方が早く死ぬでしょうから・・・

今後、公的年金はどうなる分かりませんが、我が家の場合、公的年金+保険料=15万円くらいにはなると思っています。

これで、何とか生き延びていくつもりです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。