商品券でも現金給付でも効果は同じらしい。早くしないと死んじゃう人出るよ

 

こんにちは。たかです。

景気を良くするために、どちらが良いのか?

現金給付か?

商品券か?

どうでもいいような話を、政治家さんは議論しているんですね。

先日、テレビを見ていたら、『現金給付も商品券も効果は同じ』って言っていました。

要するに、どちらにしても、貯金をする人はするってことです。

どういうことか?

仮に商品券をもらっても、いつも現金で買うものを、もらった商品券で買う。

そして、浮いたお金を貯金するってことです。

なるほど~って感じです。

当然、現金給付であれば、そのまま、貯金するんでしょう。

だったら、どっちでもいいんじゃないですかね。

富裕層には出さない?

現金給付に関して、所得制限をするみたいです。

要するに、『富裕層には、お金はあげません!』ってことなんでしょう。

ん・・・年収いくらくらいが、富裕層なんでしょうか?

でも、景気対策としてお金を配るのなら、富裕層に配ってもいいんじゃないですかね?

逆に、富裕層の方が、そのお金を貯金することはありませんから。

お金をたくさん持っている人は、生活費に困ってないから、貯金せずに使う。

お金がぜんぜん無い人は、生活費に困っているから、すぐ使う。

少し貯金のある人は、生活費には困ってないけど、貯金が少ないから、使わないかも。

そう考えると、そこそこ貯金のある人には、お金を出さない方が良いかもしれません。

だって、貯金するかもしれませんよ。

そう思いませんか?

消費税減税がいちばん効果的

景気を刺激するのなら、お金を配るだけじゃなくて、消費税減税をセットにした方が良いと思います。

仮に、3月にコロナウイルスが落ち着いたとします。

4月から、消費税がゼロになったら、お金使いませんか?

さらに、『来年の4月から、再度、消費税10%に戻します!』って言われたら、余計に消費税ゼロの時にお金使いませんか?

事実、消費税が上がる前って、駆け込み需要が起きるじゃないですか。

あれって、なぜ、起こるんでしょうか?

きっと、人って、損することが嫌いなんだと思うんです。

同じものを買うのに、今買えば消費税8%、来月買えば10%って言われれば、今買いますよね。

それと同じことをすればいいと思うんです。

でも、収入がないと、消費は出来ません。

なので、お金を配るのと、消費税減税はセットにした方が良いと思うんです。

ただし、消費税を戻したら、消費は落ち込むでしょうけどね・・・

最後に

とにかく、経済対策を早くやるってことじゃないでしょうか。

ただし、少ないお金を配っても、意味がないってことは分かっています。

リーマンショックの経験がありますからね。

お金を配るのなら、ドカンと出す。

出さないのなら、困った人にだけでも、ドカンと出す。

ホントに困っている人って、今月の支払いさえ、出来なくなっているようですからね・・・

であえば、当面の生活費は、支援してあげる必要があるんじゃないでしょうか?

10万円もらったところで、ひと月分にもならないかもしれませんからね。

それこそ、生活保護が必要なのかもしれません。

国の対応が遅れて、犯罪や自殺者が増えなければいいなぁって思っています。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。