月の年金額が6万4000円。完全リタイアしても生活できるのか?

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『現在59歳、60歳で仕事を辞めたいのですが、年金は6万4000円とのことです』です。

60歳で仕事を辞めたいようですが、月の年金額は6万4000円。

ちょっと、不安になりますよね・・・

まあ、何千万円も貯金があるのなら、大丈夫かもしれませんが。

さて、どんなご家庭なんでしょうか?

登場する方は?

59歳の独身女性です。

若いころに離婚されており、お子さんが2人いらっしゃるようです。

月の収入は20万円で、お子さんから4万円の支援を受けているようです。

でも、この4万円は、当てにできませんよね・・・

子供だって、自分の生活で精一杯なわけですから。

ボーナスは、年間で10万円ほどあるようです。

ちなみに、貯金は投資も合わせれば、約1000万円お持ちのようです。

年金額は、60歳から受給すると、6万4000円になるんだそうです。

支出は?

一方、支出はどうなんでしょうか?

・住居費:3万5000円

・食費:4万円

・光熱費:2万5000円

・通信費:1万円

・趣味娯楽:5000円

・こづかい:1万円

・雑費:2万円

・保険料:3万円

合計すると、17万5000円になります。

月の収入は20万円ありますので、20万円-17万5000円=2万5000円を貯めることが出来そうです。

ボーナスからは、貯金はしていません。

仮に、あと1年働いたとしたら、2万5000円×12か月=30万円を貯金することが出来ます。

さらに、退職金が70万円あるそうですので、退職後の貯金は、1000万円+30万円+70万円=1100万円ってことになります。

60歳でリタイアしたら?

この女性の希望どおり、60歳でリタイアしたとします。

月の生活費は17万5000円、月の年金額は6万4000円です。

ってことは、17万5000円ー6万4000円=11万1000円の赤字になります。

年間では、11万4000円×12か月=約140万円になります。

この赤字分を、貯金から補填したとします。

すると、貯金額は1100万円ですから、1100万円÷140万円=約7年で貯金が底をついてしまいそうです。

ん・・・60歳でのリタイアは、ちょっと無理かもしれませんね。

生活費を抑える

この女性の場合、独身の割には、生活費が多いように感じます。

まずは、光熱費。

ひとり暮らしで、光熱費が2万5000円って、ちょっと高くないですかね・・・

せめて、あと5000円はカットしたいものです。

次に、雑費。

月に2万円って、何に使うのかな?

これも1万円くらい、カット出来ると思います。

最後に、保険料。

独身ですから、保険は必要ありません。

サッサと払い済みにしてしまいます。

そうすれば、3万円カット出来ますからね。

光熱費(5000円)+雑費(1万円)+保険料(3万円)=4万5000円の節約になります。

すると、月の生活費は、17万5000円ー4万5000円=13万円で済むわけです。

収入を得る

月の支出は13万円になりました。

一方、月の収入は6万4000円ですから、その差額は、13万円ー6万4000円=6万6000円です。

仮に、月に3万円稼いだらどうなるでしょうか?

収入は、6万4000円+3万円=9万4000円になりますから、赤字額は、13万円-9万4000円=3万6000円になります。

年間では、3万6000円×12か月=約44万円の赤字になります。

これを貯金から補填したら、1100万円÷44万円=約25年で貯金が無くなるようです。

まだ、不安は残りますが、なんとかなるかもしれませんよね。

最後に

今後、年金額はどうなるか分かりません・・・

どんどん減ってしまうかも。

そうなったら、生活費を抑えながら、収入を得るしかありません。

といっても、高齢なれば、収入を得ることは難しくなります。

だって、雇ってくれないかもしれませんからね・・・

そう考えると、雇われずに収入を得る方法を身につけておいた方が良いのかも・・・

そんなに多額のお金を稼ぐ必要はありません。

あと2万円、3万円、稼げればいいわけです。

では、どうやって稼ぐのか?

今後の僕の課題ですね・・・

もし、株のスイングトレードで稼げたら・・・

なんて、夢のような事を考えております。

みなさんは、老後はどうやって生活しますか?

年金が減っても良いように、対策を練っておく必要があるかもしれませんね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。