貯金ゼロ世帯って4世帯に1世帯くらいの割合。仕方ないのかな?

 

こんにちは。たかです。

2019年 家計の金融行動に関する世論調査の結果によると、金融資産非保有世帯の割合は、こんな感じみたいです。

単身世帯:38.0%

二人以上世帯::23.6%

金融資産非保有世帯って、貯金ゼロ世帯ってことですよね。

ん・・・ってことは、ほぼ4世帯に1世帯は、貯金ゼロってことです。

ちなみに、2007年の調査では、こうだったみたいです。

単身世帯:30.0%

二人以上世帯:20.6%

2007年と比較すると、約3~8%ほど貯金ゼロ世帯が増えているってことのようです。

日本って、大丈夫なのかな・・・

貯めないのか?貯められないのか?

たとえば、夫婦2人だけなら、何とかなりますよね。

ひとり10万円稼ぐことが出来れば、夫婦で20万円です。

家賃を払ったとしても、月に数万円ずつでも、貯金出来そうなものです。

ですが、もし、子供が出来てしまったら、そうもいきません。

奥さんが働きに行けなくなれば、旦那さんだけのお給料になりますからね。

貯金は出来なくなると思います。

我が家も、そういった時期がありました。

かなり、家計は苦しかったですね・・・

でも、子供が小学生くらいになれば、また、奥さんも働くことが出来ます。

ってことは、2人以上の世帯で貯金ゼロってことは、貯める気が無いんでしょうかね?

それとも、たまたま、貯めることが出来ないタイミングだったのか?

どうなんだろう?

お金は貯めない

世の中には、『お金は貯めない!』って方がいるようです。

僕には、理解できないんですがね・・・

そういった方の理論は、こうです。

『欲しいものを我慢して何になるか?』

『節約人生、そんな人生、楽しいのか?』

『今を大事にしたい!』などなど。

でも、貯金ゼロだったら、不安にならないのかな・・・

お金が必要になった時は、誰かに借りればいいと思っているのかな・・・

『節約しても、お給料が安くて、どうしようもない!』っていうのであれば、理解できます。

転職したくても、出来ないケースもありますからね。

でも、湯水のごとく、稼いだお金を使い果たしてしまうのは、ちょっと疑問ですね・・・

少しは、自己防衛のお金を貯めたほうがいいと思いますが。

住宅ローンが原因?

2人以上の世帯で貯金が出来ていない、ひとつの原因は、これじゃないかと思うんです。

それは、『住宅ローン』です。

収入に見合ったローンならば、支払いしながらでも、貯金出来ると思います。

ですが、限度額上限まで借り入れしている方は、支払いだけで精一杯でしょう。

貯金に回すお金は無いかもしれません。

低金利時代になって、お金を借りやすくなりました。

なので、借り過ぎている可能性もあるんじゃないかと思うんです。

これから、住宅ローンを組む方は、気を付けてくださいね。

住宅ローンも借金ですから、いつかは、返済しないといけません。


最後に

貯金ゼロ世帯が増えていると知って、驚いてしまいました。

だって、老後2000万円問題が出てきたので、若い人も、ケチになったんじゃないかと思っていたんです。

でも、現実はそうではないみたい。

きっと、収入も減っているんでしょうね・・・

物価も税金も上がっている。

その割には、収入は上がらない。

どちらかと言えば、下がっていたりして・・・

こんな状況では、貯金ゼロ世帯が増えていても、仕方のないことかもしれません。

これから年金も減るし、どうなるんだろうか?

コロナショックで株価も下がり、景気も悪くなっていけば、お給料も年金も、確実に減っていくでしょう。

ん・・・

僕に出来ることは、株価の下がった銘柄を買うことくらいかな・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。