3倍ETF商品の結果は・・・買い増しするか?それとも損切りか・・・

 

こんにちは。たかです。

僕は、インデックス投資を中心にやっております。

S&P500やNASDAQ100、全米株式や全世界株式など、いろんな所に投資をしています。

といっても、少額なんですがね。

その中で、あるファンドに投資をしているのを忘れていました・・・

ついこの前、『そういえば、あれって、どうなっているんだろうか?』と思い出したわけです。

『あれ』とは、何なのか?

今日は、『あれ』の結果について書いてみたいと思います。

あれってなに?

まず、『あれ』についてご紹介します。

『あれ』とは、『Direxion デイリー テクノロジー株 ブル 3倍 ETF:TECL』のことです。

TECLとは、『S&P500を構成する銘柄のうち、情報技術セクターに分類される銘柄の値動きの3倍の投資成果を目指すETF』のことです。

TECLに組み入れられている企業は、アップル、マイクロソフト、エヌビディア、ビザ、マスターカードなど、約80社で構成されています。

過去の運用成績はメチャクチャ良くて、過去10年だと、約70倍くらいになっています。

もし、100万円買っていたら、10年後には、7000万円になっていたわけです。

すごいですよね・・・

欲に目がくらんだ僕は、TECLに約60万円を投資していたんです。

さて、この60万円が、いくらになっていたと思いますか?

やっぱり減ってる。。。

投資成績を書いてみたいと思います。

投資金額:578,575円

評価額:416,970円

評価損益:-161,605円(-27.93%)

ん~・・・・

なかなか、きびしいですね。

率直な感想としては、『見るんじゃなかった・・・』って感じですね。

チャートを見る限り、まだまだ下落していきそうな感じです。

3倍のレバレッジがかかっていますので、下落する時のスピードは、凄まじいですね。

10%くらい、あっという間に落ちて行きます・・・

この先どうする?

では、この先、どうするか?

ん・・・

悩みますね。

さらに下落したところで買い増しするか?

それとも、損切りするか?

あるいは、ガチホールドするか?

TECLに組み込まれている企業は、すばらしい優良企業ばかりです。

アップルやマイクロソフトなど、これからも利益を出していきそうですよね。

であるのなら、下落を恐れず、買い増しするのがいいのかもしれません。

でもなぁ・・・

手持ち資金にも限りがあるし・・・

しかし、リスクを取らないと、大きな利益は得られない。

やはり、買い増しするかな?

最後に

TECLに関しては、MACDがゴールデンクロスした時点で、買い増しを考えてみたいと思います。

といっても、少額ですけどね。

今は、優良企業の株価が、かなり下落しています。

見方を変えれば、株のバーゲンセール中ですね。

もしかしたら、もっと値下がりするかもしれませんが、今の価格でも、十分お得だと思います。

手持ち資金と相談しながら、買い増しをやっていきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。