節電ポイントって、こんなに少ないんだ・・・騙されるところだった。。。

 

こんにちは。たかです。

先日、岸田さんが、こんなことを言い出しました。

『電気代高騰に対して、「節電ポイント」を用意する!』って。

加えて、日本は電力不足も起こしていますので、国民としては、大問題です。

真夏にクーラーが使えない状況になるかもしれませんからね。

この節電ポイントですが、電力消費量を減らした企業や家庭に、減らした分の電力に応じて、ポイントを付与するものらしい。

国民としては、節電ポイントよりも、安定した電力供給を実現してほしいんですがね・・・

さて、この節電ポイント、いくら貰えるのか?

たったこれだけ?

ある記事には、こう書かれていました。

『ポイント額は電力会社によって異なるが、東京電力ホールディングスは1キロワットの節電で5円、中部電力は10円相当など』って。

一般的な4人家族なら、1ヵ月の消費電力は、約400キロワットくらいなんでしょうか?

もし、10%削減したとしたら、いくらポイントがもらえるのか?

計算してみると・・・

40キロワット×5円=200円

40キロワット×10円=400円

ん~、月に200円~400円分のポイントをもらっても、ほとんど、意味ありませんよね。

岸田さんって、ちゃんと、計算したのかな?

いまからやるの?

さすがに、この程度のポイントだと、国民から文句が出ますよね。

岸田さんは、ドヤ顔で、『節電ポイントを用意する!』って言っていたわけですから。

そしたら、木原官房副長官が、こんなことを言い出しました。

『負担軽減が十分実感できる水準でポイントを付与する』

『官民で連携して、具体的な制度設計を早急に示していきたい』だって。

はぁ?

今から、制度設計をやるの?

ってことは、制度設計なしに、岸田さんは、『節電ポイントを用意する!』って言っていたんですかね。。。

もはや、この人達、国民を守る気なんかありませんよ。

最後に

自民党には、お灸をすえないといけないと思います。

でないと、国民をバカにしています。

『こいつらバカだから、適当に、ポイント配っとけばいい!』くらいにしか思ってません。

減税はしない。

自分たちのお友達には、お金を配る。

国民からは、お金をむしり取る。

なので、僕的には、自民党は、とんでもない政党にしか見えません(ちょっと、言い過ぎ?)

自民党を応援している方には、申し訳ありませんが・・・

国民を騙さない政党って、どこなんだろう?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。