いつから早期退職を考えていただろうか。転職かリタイアか?

 

こんにちは。たかです。

2019年3月末で、早期退職をします。

まだ、定年まで、11年残しています。

僕は、いつから、こんなことを考えるようになったのか?

少しだけ、振り返ってみたいと思います。

33歳の時に転職を考える

僕は、23歳で今勤めている会社に入社しました。

約10年くらいは、仕事に真剣に取り組んでいたと思います。

そして、33歳の時に、『こんな仕事をやっていていいんだろうか?』

これが、まず、感じた疑問です。

そこで、転職活動を始めました。

ある企業の最終面接まで行ったのですが、その時に言われて言葉に、ハッとしました。

その言葉とは・・・

『たかさんは、本気で辞めようとは思ってないんじゃないですか?今がイヤだから、転職しようとしているだけじゃないですか?それだったら、今の会社で、頑張った方がいいですよ。そんなに、甘くはありません。』って。

確かにそのとおりでした。

それから、また、仕事への考え方を変えて、仕事を続けてきました。

ですが・・・

45歳くらいからもうダメかも・・・

45歳くらいから、『もう、営業マンとしてダメかもなぁ』って感じるようになりました。

思うように実績が上げられないし、面白くもない。

このくらいからでしょうか?

『早期退職して、自分で仕事をやってみたい』って思い始めました。

ですが、子供もまだ小さいし、まだ辞めるわけにはいかない・・・

それから、4年くらい、こんな気持ちを引きずりながら仕事をしていました。

もう、地獄の数年間ですね。

そして、今年になって、『早期退職優遇制度』が発令されました。

その時に、思いました。

もう、ここで終わりだな・・・

45歳くらいから、ライフプランシートを作っていました。

『ライフプランシート』とは、今後のお金の流れを計算したシートの事です。

いくら収入があり、どのくらい支出が発生するのか?

これを、想定したものです。

今回の『早期退職優遇制度』を活用すれば、数年間は仕事をしなくても生きていける。

そう判断したんです。

決して、『死ぬまで働かなくても大丈夫』ってわけではありません。

ですが、『自由に出来る時間がある』って事が分かったんです。

もしかしたら、僕にも、自分で稼げる仕事があるかもしれない。

そう思ったわけです。

退職を決意

そこで、『早期退職』を決意しました。

このまま、今勤めている会社にいても、きっと、後悔する。

『あの時、辞めてけばよかった』と思うに違いない。

逆に、『なんであの時辞めてしまったんだろう?』とは、思わないだろうと感じたんです。

何度も考えました。

でも、『退職したこと』を後悔するより、『退職しなかったこと』を後悔するほうが、ダメージが大きいと思ったんです。

お金がなくなれば、また、働けばいい。

そう、考えたんです。

最後に

最終的に僕が選択したのは、退職して『雇われない働き方』をするってことです。

まあ、この1年は働きたくありません。

働かないことが、僕のやってみたいことの1つなんです。

なので、働かないと思います。

その後、自分で稼げる仕事を見つけたいと思います。

何年かかるか分かりませんけど・・・

すみません。くだらない事を書きました。

これから、どんな人生になるか分かりませんが、このブログで記録を残していきたいと思います。

お暇な時に、見に来ていただけると嬉しいです。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。