今度はファミマが希望退職者を募集。将来性のある会社はリストラをやるだろうな

 

こんにちは。たかです。

今度は、ファミマが希望退職者を募集しはじめましたね。

対象は40歳以上の社員で、約800名を予定しているみたいです。

この800名とは、全社員の約1割に相当するようです。

この前は、セブンイレブンがリストラを発表し、今回は、ファミマです。

流通業界も、人員整理が始まったんでしょうか?

今年に入ってから、希望退職を募集する会社が増えましたね。

その中で、気になることがあります。

それは・・・

対象年齢が下がっている

今回のファミマも40歳以上の社員が対象になっています。

その前は、どこかの会社(忘れました)は、35歳以上だったと思います。

だんだんと、リストラ対象の年齢が下がってきています。

それだけ、早めにクビにしたいってことなんでしょうかね?

あるいは、『戦力になるのは35歳まで、良くても40歳まで』って、会社側は判断しているんでしょうか?

転職活動できるか?

今回の発表では、『2020年2月まで、希望退職者を募る』と書かれています。

2020年2月までって、あと3か月しかありません。

それまでに、再就職先が決まれば、希望退職に応募しやすいですよね。

ですが、決まらなかったら、応募するのにも勇気が必要だと思いませんか?

40歳といっても、そう簡単に再就職先が決まるわけではありません。

希望退職に応募して退職したが、その後の就職先が決まらなかったら、最悪の状況になりますからね。

僕の経験では・・・

僕は、2019年3月末で会社を早期退職しました。

初めは、『再就職しようかな?』なんて思ったんで、10月~11月にかけて就職活動をしたんです。

ところが、募集が少なかったんです。

そこで、転職エージェントの方に、『どうして少ないのか?』って質問したことがあります。

そしたら、こう言われました。

通常、4月から入社する社員を募集する会社って、1月以降からしか求人を出さないんだそうです。

ホントかどうか知りませんが・・・僕は、そう言われました。

もし、これが本当なら、2月までに再就職先を決定するのは、かなり、スケジュール的に厳しいかもしれませんね。

しょぼい起業で生きていく

新品価格
¥1,140から
(2019/11/14 18:31時点)

最後に

今年に入ってから、希望退職を募集する会社が増えました。

しかも、経営状況が良いにもかかわらず、募集している会社が多いです。

ファミマも、その一つかもしれません。

今後の市場環境に対応するために、社内の組織体制を変更する。

それに伴って、余剰人員が発生する。

だから、その人たちには、辞めてもらう。

こんな感じでしょうか?

これからは、こういった会社が続出すると思います。

赤字になってから、経営状況が悪くなってから、リストラをするような会社は、株主からも評価されません。

先手先手を打てる会社にならないといけないわけです。

であれば、社員の方も、対策を取っておかないといけません。

いつでも、辞めれる準備をしておかないといけないでしょう。

その準備のひとつが、『アーリーリタイア』かもしれません。

もしかしたら、働かなくてもいい人生が、待っているかもしれません。

ただ、それに気がついていないだけかもです。

アーリーリタイアをされた方が、いろんなブログを書いていらっしゃいます。

非常に参考になりますので、一度、見てみるのもいいんじゃないでしょうか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。