今年の投資戦略は超簡単。やること、ほとんどありません。

 

こんにちは。たかです。

2022年の株式市場も、始まりましたね。

専門家の意見では、今年は、アメリカ株もあまり調子は良くないみたいです。

年の前半に株価が下落し、後半に向かって、上昇していくと予想している専門家が多いみたいですね。

最終的には、プラスマイナスゼロくらいで終わりそうな感じです。

しかし・・・

専門家の意見なんて、ほとんど、あてになりません。

なので、あまり気にせず、自分の投資スタイルを貫いていきたいと思います。

今年の戦略は?

僕の今年の投資戦略は、一言で言えば、こんな感じです。

『下がったら買う。上がってもジッとしている』です。

昨年末に、インデックスファンドに、投資資金の約半分を投資しました。

なので、あと半分は残っているんですが、そのお金は、『暴落用資金』として残しております。

暴落用資金とは、読んで字のごとく、株価が暴落した時に買い増しするためのお金のことです。

買い増し基準としては、『週足RSIが40未満』かつ『評価損益で含み損を出した時』です。

仮に、週足RSIが40未満になっても、含み益が出ていれば、買い増しはしません。

だって、含み益が出ているってことは、取得単価より株価の方が高いってことですよね。

その株価で買い増しをするのなら、初めの段階で買っておいても良いわけです。

言ってること分かりますか?

暴落用資金の使い方

反面、株価が暴落しなければ、『暴落用資金』は証券口座に眠ったままになります。

これって、もったいないですよね。

お金があるのに、放置しているわけですから。

そこで、この『暴落用資金』も、投資で活用することにします。

具体的には、短期トレードで使うわけです。

そうすれば、資金を効率的に使うことが出来ますからね。

ただし・・・

短期トレードで、お金を失わないようにしないといけませんがね・・・

最後に

非常に簡単ですが、今年の投資戦略について書いてみました。

昨年までは、積み立て投資をしていましたので、頻繁に投資をしていましたが、今年からは、ほとんど何もすることありません。

ジッと見ているだけ。

株価が、ドンっと下がったら、買うだけですね。

そして、またしても放置・・・

ん~、投資って、ホントはヒマものなのかもしれませんね。

今年も定期的に、僕の資産状況をご報告したいと思います。

お時間のある時に、ブログを見に来ていただければ幸いです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。