送別会でどんな挨拶をするか考えてみた。でも思いは伝えられない。

 

こんにちは。たかです。

僕は、今月末で会社を早期退職します。

あと7回、会社に行ったら、おさらばです。

同じ事務所から、あと2名の先輩方が、早期退職されますし、2名の同僚が、転勤されます。

そんな中、本日、『送別会』が開催される予定です。

ホントは、『欠席』したいんですが、夕方に商談があるもんですから、欠席する理由が見当たらず、シブシブ参加するって感じです。

まあ、主役ではあるんですが、考えようによっては、会社から逃げ出すわけですから、あまり、居心地がいいものではありません。

最後の最後に、飲み会で、トラブルになるもイヤですし・・・

トラブル回避の為にも、『退職者のあいさつ』は、無難にこなしたいと思っています。

酔っ払って、好き勝手に発言したら、トラブルになるかもしれませんので。

そこで、このブログを書きながら、『挨拶の内容』を考えてみたいと思います。

迷惑をかけました・・・

通常、定型文的に、『ご迷惑おかけしました・・・』なんいうセリフありますが、僕の場合、ホントに迷惑かけました。

どんなことかと言えば、『まったく、やる気が無かった』ってことです。

それに伴って、仕事も満足に出来ませんし、売り上げも上がりません。

さらに、僕の失敗の尻ぬぐいまで、みんなにやっていただきました。

まあ、完全なる、ポンコツ営業マンになっていたわけですね。

『ホントに、ごめんなさい』って、感じです。

会社のスピードについて行けなかった

現代の会社って、方針やルールなんかが、目まぐるしく変わります。

それは、世の中が、変改しているからです。

世の中の変化に合わせて、会社も変化していきます。

当たり前のことですし、そうでなければいけないと、頭では分かっています。

ですが、僕は、その会社の変化について行けませんでした。

ついて行こうとはしたんですが、僕の考えている事とは違っていたんです。

僕の考えと、会社の方針・ルールが、どんどん離れていく。

そんな中で、仕事をするのは無理だった・・・

この気持ちを、挨拶の中に、盛り込んでみたいと思っています。

今後について

ん~、これについては、言おうか言うまいか、悩んでいます。

何と言っても、退職後は、『ザ・無職』ですからね・・・

『退職したら、働きません!楽しく生きていきます!』

そんなことを言ったら、お説教が始まりかねません。

最後の飲み会で、先輩方から、お説教だなんて、悲しすぎます・・・

まあ、今日は、『ただ飲み』なんで、まだ、マシですが・・・


最後に

送別会のあいさつで、みんなに伝えたいことって、ホントは、これなんです。

『楽しくないと、人生じゃないんじゃないか?』

『我慢できないくらい辛い環境からは、逃げた方が良い』

『明るく・楽しく・優しく・感謝しながら生きていたら、それだけでいいんじゃないか?』

『きっと、良い事ばかりが、起こるんじゃないか?』

でも、送別会のあいさつでは、伝えることは出来そうにありません。

時間が短すぎますし、『たかの野郎、あたまがおかしくなったか?』って思われそうですからね。

やっぱり、今日は、お詫びだけして、サッサと家路につきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。