株の短期トレードで利益を出すために必要なこと3点。過去の失敗から考えた。

 

こんにちは。たかです。

今年の9月くらいから、本格的に株の短期トレードをやっています。

いまのところ、約7万円ほどの利益が出ていますが、最近、負けが続いています。

このままだと、利益が吹っ飛んでいきそうな勢いです・・・

では、どうして負けるのか?

どうやれば、勝てるのか?

今までのトレードを振り返って、成功のポイントを考えてみましたので、書いてみたいと思います。

ド素人の考えですので、あまり、信用しないでくださいね・・・

エントリーポイント

まずは、『どこでエントリーするか?』ってことです。

買いで入るにしても、売りで入るにしても、利益が出そうにないポイントでエントリーすれば、当然、負けるわけです。

たとえば、どんどん下落している途中に、『そろそろ上がるだろう!』なんて、適当にエントリーすれば、負けるに違いありません。

ちゃんと、『ここから上昇する!』と確信が持てるポイントでないと、エントリーしてはいけないと思います。

では、どこでエントリーすれば良いのか?

僕の場合、5日移動平均線、20日移動平均線、どちらも上向きで、陽線が出現した時に、買いでエントリーしています。

このポイントは、上昇する確率が高いので、『間違いではない』と、現段階では考えています。

損切りポイント

次に、含み損が出た時に、『どこで損切りするか?』ってことです。

いろいろとポイントがあると思いますが、僕の場合は、こんな感じです。

『買いの場合は、5日移動平均線が下を向いた時、売りの場合は、その反対』です。

先日、ある銘柄を損切りしました。

この銘柄は、大きな陰線をつけて、終値が5日移動平均線、20日移動平均線を下回ってしまいました。

ですが、5日移動平均線は、下向きにはならなかったんです。

ですが、含み損が怖くなり、マイルールを無視して、損切りしました。

そして、約5000円の損を出したわけです。

すると、翌日、どーんと株価は上昇・・・

ちゃんと、5日移動平均線の向きを確認してから損切りすれば、損を出さずに済んだんですがね・・・

利食いポイント

そして、最後に、『どこで利益確定するか?』ってことです。

これが、いちばん、難しいですね・・・

僕の利益確定ポイントは、『直近高値付近』に設定しています。

まあ、その時々によって変えてはいるんですがね。

先日、こんなことがありました。

ある銘柄が、買った時より90円上昇したんです。

おおよそ、直近高値になっていました。

その時、利益確定していれば、1万8000円の利益でした。

ですが、僕の心の中にいる悪魔が、こう囁いたんです。

『もう少し上がるんじゃないか?』って。

そして、その日は利益確定せず、見送ってしまいました。

すると・・・

翌日から、ダダ下がり・・・

そして、ついに、含み損になってしまい、最後には損切りに・・・

最終的には、3000円の損になってしまいました。

1万8000円の利益を得ることが出来ていたのに、3000円の損になるとは・・・

マイルールを守らないとこんなことになるんですよね。

最後に

今日は、過去のトレードを見ながら、負けた原因を探してみました。

負けた多くの原因は、『マイルールを無視したため』でしたね。

ってことは、マイルールを守っていれば、もう少し、勝率が上がるかもしれません。

でも、これが出来ないんですよね・・・

含み益が出れば、もっと利益が欲しくなるし、含み損が出たら、損切りしたくなるし・・・

来週からは、無の境地でトレードをやっていきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。