仕事を辞める潮時だと実感した。仕事が出来なくなったら、会社辞めた方がいい

 

こんにちは。たかです。

猛烈に仕事が忙しいです。

今、仕事が終わって、ホテルに帰ってきました。

正確に言えば、仕事は終わってないんですが、放り出して帰って来たって感じです。

なんで、こんなに忙しいのか?

それはですね・・・

仕事をするスピードが遅い

もう、自分でもイヤになるくらい、仕事を処理するスピードが遅い。

やらなければならない仕事を始めても、やり方がわからない。

やり方を調べながらやってますので、人の何倍も時間がかかっています。

今日なんか、入社2年目の子に、教えてもらいました・・・

なんか、みじめですね。

数年前まで、そんなことなかったんですが、急に、ボケてきたみたいです。

会社のルールやシステムに、僕のアホ頭脳が、追いついていきません。

既に、末期症状ですね。

仕事を辞める潮時か?

僕は、『仕事が出来るか、出来ないか?』を判断して、早期退職の道を選んだわけではありません。

単に、仕事がイヤになったから、辞めようと思ったわけです。

ですが、そんなこと関係なしに、『仕事が出来ないおっさん』になってしまいました。

自分が若いころに、仕事が出来ないおじさんを見て、『早く辞めたほうがいいのに・・・』なんて、思ったことありませんか?

ほんとに失礼な話しですが、僕は、そう思っていました。

『どんなに頑張っても、それ以上、良くなることはないよ。』って思ってました。

そんな舐めた事を思っていた僕自身が、『仕事が出来ないおじさん』になってしまいましたね。

『今回の早期退職は、ちょうどいい潮時だったのかな?』って感じます。

みなさんは、こんな感覚ないですよね。

もし、『あっ、オレ、お荷物かも・・・』って感じ始めたら、辞め時が近いかもです。

だれも話しかけなくなってきた

もう一つ、気になることがあります。

それは、最近、あまり話しかけられなくなってきました。

あまりにも、仕事に没頭しているからかもしれません。

別に、仕事が好きだから、没頭しているわけではありませんよ。

仕事が遅すぎて、没頭しないと終わらないんです・・・

分かっていただけますか?

あるいは、『たかさん、もう辞めるし、勝手にさせておこう』みたいな感じかもしれません。

別に、話しかけられなくてもいいんですけどね。

最後に

最近、『老いる』っていう感覚を感じ始めています。

『オレは、まだまだ、若いもんには負けん』なんて言う人いますが、ある意味、鈍感なのかもしれませんね。

着実に、『老い』がやってきています。

若いころより、鈍くなっていますし、現在の若い人と比べても、劣る点が増えていると感じます。

これって、仕方のないことかもしれません。

これから先、体の動きも悪くなるでしょうし、頭の回転も悪くなるでしょう。

でも、こういったことを、『受け入れる』ってことが、重要になるんじゃないかと思うんです。

『オレは、もうダメだ』って落ち込む必要はないですが、自分の現状を受け入れたうえで、何か出来ることはないか?

こんな風に考えたほうが良さそうです。

歳をとって、ボケていくのは、仕方ありませんからね。

会社を辞めたら、自分の出来る範囲・スピードで、物事を楽しんでいきたいですね。

ほんと、限界を感じております。

はやく、会社辞めたいなぁ・・・

あと、50日です。

でも、がんばりません。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。