老後破産しないために。車・携帯・保険・こづかいは出来るだけ使わない。

 

こんにちは。たかです。

僕のライフプランでは、70歳以降は、公的年金と生命保険の解約金で生活することになっています。

その金額は、月に約15万円くらいを想定しています。

いちばんの問題は、『公的年金がいくらもらえるか?』ってことです。

いろんなことが言われています。

『今より30%ほど、減るんじゃないか?』

『社会保障費が上がるんじゃないか?』とか。

なので、とりあえずは、ねんきん定期便の数字より、30%OFFくらいで考えています。

そんな中、こんな記事を目にしました。

『64歳一人暮らし。貯金は900万円。毎月の支出は20万円で貯金を取り崩しています』です。

ん?

貯金が900万円?

月の支出は20万円?

それで、生きていけるの?

僕の素直な感想です。

一体、どんな方なんでしょうか?

登場する方は?

64歳の独身の女性です。

パート勤務をされているようで、月の収入は約5万円です。

貯金は、約900万円です。

年金は、65歳から月に約7万円くらいはもらえそうです。

支出は?

一方、支出はどうなんでしょうか?

・住宅コスト:3万5000円

・車両費:3万円

・食費:4万円

・光熱費:1万円

・通信費:1万6000円

・趣味娯楽:1万8000円

・教育費:2000円

・こづかい:5000円

・雑費:3万円

・保険料:1万2000円

合計すると、約20万円になります。

月の収入は5万円ですから、20万円ー5万円=15万円の赤字になります。

年間では、15万円×12か月=180万円の赤字です。

貯金は、900万円ですから、900万円ー180万円=720万円に減ってしまいます。

65歳からは、年金がもらえます。

年間で、7万円×12か月=84万円です。

なので、65歳からは、180万円ー84万円=96万円の赤字になるわけです。

ってことは、720万円÷96万円=約7年で貯金は底をついてしまいます。

この女性は、72歳で、一文無しってことです・・・

かなり、ヤバくないですかね。

僕ならこうするかな?

みなさんなら、どうしますか?

僕なら、こうすると思います。

まず、車をやめます(仕方ないですよね)。

そうすれば、車両費3万円が浮いてきます。

次に、通信費です。

携帯代で、1万1000円払っているようなので、5000円はカット出来そうです。

さらに、雑費です。

何に3万円も使うんでしょうか?

これを2万円カットします。

最後に、保険です。

すべてやめて、医療保険だけ加入します。

そうすれば、7000円はカット出来るでしょう。

すると、3万円(車両費)+5000円(通信費)+2万円(雑費)+7000円(保険)=約6万円はカットすることができます。

ってことは、月の生活費は、20万円ー6万円=14万円でいいわけです。

月の収入は、5万円+7万円=12万円です。

なので、14万円ー12万円=2万円の赤字で済みます。

年間では、2万円×12か月=24万円です。

65歳時点の貯金は720万円だとすれば、720万円÷24万円=約30年で貯金が底をつくことになります。

この女性が、95歳の時に貯金が無くなるってことです。

ん・・・でも、厳しいですかね。

だって、ずっと、5万円を稼ぎ続けいないといけないわけですから・・・

老後破産しないために、年金13万円時代でも暮らせるメタボ家計ダイエット (扶桑社BOOKS新書)

新品価格
¥644から
(2020/3/28 11:48時点)

最後に

もう少し、貯金があると、何とかなりそうなんですがね。

やはり、老後の理想形は、『年金の範囲内で生活する』ってことですね。

そうすれば、そんなに貯金は必要ありません。

この女性も、年金が月に14万円あれば、いいわけです。

でも、7万円しかないので、苦労するんですよね。

であれば、生活費を7万円にするしかありません。

その為には、車・携帯・保険などは、早めの見直しが必要なんだと思います。

それでも、ダメな場合、食費やおこづかいを減らすしかないでしょう。

ですが、急に、生活レベルを落とすことも難しいと思います。

なので、今のうちから、節約生活に慣れておきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。