明日仕事に行きたくない。明日のことを考えると憂鬱で仕方がない。辞めちゃえ!

 

こんにちは。たかです。

今から、かなり、無責任なこと書きます。すみません。

ですが、こんな風に考えると、少しは気が楽になると思います。

もう、ホントに仕事や会社や職場がイヤならば、辞めちゃったらどうでしょう?

『そんなこと、出来るわけないでしょ!』って言われそうですね。

僕も、そう思っていました。

でも、ホントに、辞められませんか?

なぜ、辞められないんですかね?

実は、僕は、こんな事を連休最終日に、いつも考えていました。

辞められない理由は何だろう?

会社を辞めたかったんですが、『辞められるわけない!』って、僕は決めつけていました。

それは、何故かというと、お金が無いからです。

会社を辞めてしまえば、精神的には楽になりますが、お金がありませんので、経済的にはつらくなります。

じゃあ、仕事を変われば、うつ状態にならないかもしれない。

かと言って、この年(49歳)になって、再就職なんてできないし、仮にできたとしても、また、次の職場でうつ状態になる可能性もある。

それでは、今の会社を辞める意味がない。

なので、今の会社を辞めるのであれば、もう、働かないほうがいい。

正確に言えば、『雇われる働き方』はしないほうがいい。

雇われる働き方をせずに、お金を稼ぐことが出来れば、一番しあわせになれるんじゃないか?

こんなことばっかり、考えていました。

でも、これは、現実的には、難しいです。

突然、何十万円も、自分で稼ぎ出すなんて、ポンコツサラリーマンの僕には無理でした。

ホントにお金ないのか?

貯蓄はゼロではありませんでした。

少しはあります。

でも、死ぬまで無職で生きれるほど、持っていません。

ですが、よーく考えると、それは、サラリーマン時代と同じ生活レベルを保ったらの話しです。

もし、サラリーマン時代の生活レベルの半分くらいで生活すれば、長生き出来ます。

仮に、今の貯蓄で10年生きることが出来るならば、辞めてしまうのも良いかと思います。

だって、その10年の間に、なにかお金になることを始めればいいわけですから。

辞める目途が付いたら気が楽に

そこから、僕は、毎月の生活費や貯蓄に関して、調べるようになりました。

グッと生活費を抑えれば、10年くらいは生きていけそうだったんです。

それに、退職金や割増金、妻のアルバイト代をくわえると、あと20年は生きていけるかも・・・

そう思ったときに、気分が楽になりました。

とはいえ、やはり、連休最終日はつらかったですけどね・・・


最後に

今日は、ホントに、無責任なことを書いています。

でも、会社を辞めるのも、ひとつの選択肢です。

死ぬほどつらいと感じるならば、お金の計算をしてみませんか?

もしかしたら、アルバイトくらいでも、生きていけるかもです。

僕がサラリーマンをやっていた時、40代後半から50代前半の方々が、よくうつ気味になっていました。

そして、次々に、辞めて行かれました。

会社を辞めて、軽い作業をして、お金を稼いでいる方もいらっしゃいました。

ですが、退職後は、ホントに元気そうにイキイキと暮らしているんです。

お金はないって言っていましたけど・・・

そんな姿を見て、こう思いました。

人間って、心と体が元気じゃないと、幸せにはなれないんだなぁ~って。

少しでも、参考になればうれしいです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

「好きなこと」だけして生きていく。 ガマンが人生を閉じ込める (PHP文庫)[本/雑誌] / 心屋仁之助/著

価格:734円
(2019/8/18 11:12時点)