60歳で無職、貯金は5400万円、何歳まで生きれると思いますか?

 

こんにちは。たかです。

サラリーマンのみなさん、何歳で定年しますか?

60歳ですか?

その後は、仕事やりますか?

もし、60歳で完全に仕事をやめたとしたら、いくらあったらいいと思いますか?

こういうことって、意外と分からないものなんですね。

ライフプランを立てている方なら、即答されるかもしれません。

ですが、そうでなければ、『いくらあればいいんだろうか?』なんて、思ってしまいますよね。

さて、今日は、そんな方のご相談内容です。

こんな記事を見つけました。

『60歳無職。この老後資金で生きられるのはどのくらい?』です。

おそらく、ライフプランを立ててないんでしょうね。

なので、何歳まで生きられるか分からない。

では、どんなご家庭なんでしょうか?

登場するご家庭は?

旦那さん60歳、奥さま60歳で、どちらも無職です。

お子さんは、いらっしゃいません。

貯金は、5400万円持っていらっしゃいます。(うらやましい~)

年金なんですが、65歳からご夫婦で23万5000円もらえるようです。

僕からすると、かなり、余裕のあるご家庭のように思えますが・・・

支出は?

このご家庭の支出は、こんな感じです。

・住居費:3万円

・食費:7万円

・光熱費:3万円

・通信費:1万円

・趣味娯楽:2万円

・こづかい:4万円

・雑費:3万7000円

・その他もろもろ

ってことで、月に24万6000円で生活されているようです。

こういったご家庭って、多いんですかね。

特に、節制している感じもありませんし・・・

おこづかいと趣味娯楽で6万円使うって、我が家では、出来ませんね。

さて、みなさんは、このご夫婦は何歳まで生きられると思いますか?

豪遊できる!

まず、65歳までの5年間は、年金がありませんので、貯金を切り崩して生活することになります。

なので、24万6000円×12か月×5年=1476万円が貯金からなくなります。

ってことは、5400万円ー1476万円=3924円に減ってしまいますね。

65歳以降は、月に23万5000円の年金をもらう事が出来ます。

ですが、年金だけでは、月の生活費が足りません。

24万6000円ー23万5000円=1万1000円を貯金から切り崩す必要があります。

仮に100歳まで生きたとすると、1万1000円×12ヶ月×35年=462万円が、貯金から無くなっていきます。

でも、65歳時点では、3924万円の貯金があります。

そうなると、3924万円ー462万円=3462万円が100歳の時点で、手元にあることになります。

ハッキリ言って、何にも心配いりません。

このご夫婦が、お金で心配するなら、我が家はどうなるんでしょうか・・・

働かない働き方。

新品価格
¥1,620から
(2019/11/11 09:36時点)

最後に

このご夫婦が、なぜ、こんなに余裕のある生活を送れるのか?

貯金が多いからでしょうか?

僕は違うと思います。

僕は、『年金の範囲内で生活できるから』だと思うんです。

要するに、年金の範囲内で生活出来れば、そんなに貯金はいらないってことです。

でも、年金が少ないご家庭もありますよね。

我が家はそうです。

では、どうするか?

生活レベルを落とすしかありません。

年金額に合わせた生活レベルにするしかありません。

あるいは、少額でもいいので、死ぬまで稼ぐことが出来るシステムをつくる。

この2つをやれば、何とか生きて行けそうです。

そのためには、まず、年金額を知ること。

そして、ライフプランを立てることが重要かな?と思っています。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。