60歳で無職。貯金は5400万円。楽勝かな・・・うらやましい。

 

こんにちは。たかです。

老後のお金って、いくらあっても不安なんでしょうか?

こんな記事を見ました。

『60歳無職。この老後資金で生きられるのはどのくらい?』です。

60歳のご夫婦ですが、どちらも無職のようです。

貯金は、5400万円ほどお持ちのようですが、老後に不安を抱えているみたい。

僕なら、楽勝なんですがね・・・

世の中には、こういった方って、多いんだろうか?

さて、このご夫婦は何歳まで生きることが出来るか、計算してみました。

登場するご夫婦は?

旦那さん60歳、奥さま60歳、お子さんはいらっしゃいません。

どちらも無職ですので、無収入です。

貯金は、投資も合わせれば、約5400万円お持ちです。

何とも、うらやましい金額ですね・・・

僕なんか、この半分くらいしかないんですがね。

公的年金は、65歳から、ご夫婦で約24万円くらいあるようです。

支出は?

一方、支出はどうなんでしょうか?

・住宅コスト:3万円

・食費:7万円

・光熱費:3万円

・通信費:1万円

・趣味娯楽:2万円

・こづかい:4万円

・雑費:3万7000円

・保険料:9000円

合計すると、約25万円になります。

年間では、25万円×12か月=300万円になります。

ん・・・かなり余裕のある生活を送っていますね。

我が家の生活費より、10万円くらいは多いですね。

65歳まで貯金を切り崩す

60歳から65歳までの5年間は、貯金を切り崩して生活します。

年間の生活費は300万円ですから、5年間では、300万円×5年=1500万円になります。

現在の貯金は5400万円ですから、5400万円-1500万円=3900万円が残ることになります。

老後には2000万円が必要らしいですが、このご夫婦は、これをクリアしています。

65歳からは年金生活

65歳からは年金で生活します。

月に約24万円受給できますので、年間では、24万円×12か月=288万円になります。

年間の生活費は300万円ですから、300万円ー288万円=12万円が足りないことになります。

この12万円を貯金から切り崩さないといけません。

すると、3900万円÷12万円=325年で貯金が底をつきます。

まあ、妖怪でもない限り、300年も生きることは出来ません。

よって、このご夫婦は、このお金を使い切ることは出来ないってことになります。

これだけお金があれば、老後の心配なんか必要ありませんよね。

最後に

このご夫婦の場合、65歳の時点で2000万円もあれば、気持ち的にも余裕でしょうね。

その要因は、年金額が多いってことだと思います。

年金で生活することが出来ますので、多額の貯金は必要ないわけです。

こういった方は、どんどんお金を使って、日本の経済発展に貢献してほしいものです。

逆に言えば、国が年金を補償してくれれば、貯金しなくていいわけです。

どんどん国債を発行すれば、年金なんか、すぐに準備出来ると思うんですが・・・

そうすれば、日本中にお金が循環し、若い世代も潤うと思います。

そして、インフレになったら、税率を上げて出回っているお金を回収すれば良いんじゃないか?

そんなことを考えています。

まあ、そんなことは、現実的には無理なんでしょうけど・・・

10月から、いろんなものが値上がりします。

ホントに日本は、税金を上げたがるんですよね・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。