無職家庭の8月の家計簿をご紹介したいと思います。

 

こんにちは。たかです。

今日は、我が家の8月の家計簿をご紹介したいと思います。

僕のライフプランでは、月に15万円以内で生活出来たらいいなと思っています。

7月は税金を除けば、約15万円で生活することができました。

まあまあでしたかね?

さて、8月はどうだったでしょうか?

総額400,987円

なんと、40万円を超えてしまいました・・・

どうなっているんでしょうか?

内訳を見てみたいと思います。

食費:25,916円

7月は18,000円くらいでしたので、若干増えてはいますが、このくらいは当たり前ですよね。

我が家は、あまり食に拘りが無いので、あるもので食事を済ませてしまいます。

ですので、こんな額でおさまっているんだと思います。

8月は、子供たちが帰ってきましたので、その分、食費が増えています。

9月は、グッと減るかもしれませんね。

外食:30,752円

食費より多いんですが・・・

子供たちが帰って来たので、2回ほど、外食に行きました。

1回は、娘の希望で『焼き肉』に行ったので、出費が増えたんだと思います。

9月は、少しだけ、抑えていきたいですね。

生活雑貨・被服:28,000円

これが、我が家の弱点です。

なぜか、この項目は、お金がかかっています。

ちなみに、7月は、42,000円です。

これは、妻の化粧品代が入っていますので、仕方ないのですが・・・

ちょっと、妻に何に使ったのか、確認しないといけませんね。

娯楽費:16,882円

すべて、妻のライブの費用です。

まあ、これは仕方ないですね・・・

年に数回しか使いませんので、見なかったことにしましょう。

光熱費:16,236円

これは、電気・ガス・水道を合わせた出費です。

まあ、こんなもんですかね。

ちなみに、電気代は7,925円でした。

クーラーガンガンでしたが、7月より安かったですね。

どうしてだろうか・・・

ガソリン代:12,120円

これは、子供たちが車を乗り回したせいです。

いつもなら、2か月に1回くらいしか、ガソリン入れませんからね・・・

息子は自分でガソリン入れるんですが、娘は、1銭も払おうとしません。

ちゃっかりしてます。

大きな出費は?

まあ、これだけでは40万円もかかりません。

生活費以外にかかった大きな出費とは・・・

国民健康保険・住民税:約18万円

これは、デカいですね・・・

まあ、退職した翌年ですので、仕方ないのですが。

来年になれば、かなり減ってくるとは思いますが、それでもショックはデカい。

車の修理:43,270円

ん~、やっぱり、車いらないですね・・・

維持費にお金がかかりすぎます。

妻が『車の調子が悪いから、見せて来るね』って、ディーラーさんのところに持って行ったんです。

そしたら、ディーラーさんの『修理したっ方がいいですよ!』の一言に、あっさり『お願いします!』だって。

ホントに、修理必要だったのかな・・・

今でも、疑っております。

まだまだ、無職家庭だという認識が出来ていないみたいです。

生活費は?

車の修理代、税金を除けば、約15万円で生活出来たみたいです。

もう少し、生活費を抑えたいですね。

やっぱり、『生活雑貨・被服』の項目が気になります。

ここで2万円削減出来れば、13万円で生活することも不可能ではありません。

正しい家計管理 将来への不安が消える、自動的にお金が貯まる [ 林總 ]

価格:1,404円
(2019/9/9 12:35時点)

最後に

僕も含め、まだまだ、無職家庭である自覚が足りないような気がしますね。

無駄なことにお金を使っていることが、多いような気がします。

家計簿を見ながら、『無職家庭会議』を開かないといけませんね。

妻は、嫌がるだろうな・・・

それと、出来れば収入も増やさないと!

本日も最後までお付き合いありがとうございました。