含み損がさらに拡大・・・マイナス73万円。死んでも売らないぞ!

 

こんにちは。たかです。

昨日のアメリカ株は、弱かったですね・・・

NYダウ:-2.37%

NASDAQ100:-3.75%

S&P500:-2.95%

ロシアとウクライナの戦争が、原因のようです。

ちなみに、今日の日経平均は、-430円です・・・

あっさり、25000円を割ってしまいました。

いったい、この先、どうなっていくんでしょうかね。

スイングトレード

僕は、短期トレード(スイングトレード)で、『NEXT FUNDS NASDAQ-100連動型上場投信(1545)』に投資をしています。

このETFは、NASDAQに連動しますので、このところ、ガンガン値下がりしています。

ちなみに、直近高値からは、-20%くらいになっています。

まあ、NASDAQもそのくらい下落していますので、当たり前ですね。

では、僕の含み損は、どのくらいになっているのか?

なんと・・・

-731,225円になっております・・・

かなり、大きなマイナスになっております。

損切りするか?

みなさんなら、この含み損をかかえていたら、どうしますか?

もしかしたら、さらに、含み損が増えるかもしれません。

一般的には、『損切り!』という意見が多いと思います。

しかし・・・

中には、『マイナスが大きすぎて、損切りできない!』っていう声もあるかもしれませんね。

では、僕はどうするのか?

『ガチホールド!』です。

まったく売る気はありません。

なぜか?

僕が損切りしない理由は、マイナスが大きいからではありません。

そういうことではなくて、『NASDAQを信じているから』です。

NASDAQ100に組み込まれている会社は、世界的にも優秀な企業ばかりです。

僕が勤めていた会社なんかより、何百倍も何千倍も優秀な企業です。

僕は、ETFを通じて、そのような優秀な企業に投資をしているわけです。

ならば、株価が下がったからと言って、損切りするのは、どうなんでしょう?

今は、戦争や利上げが原因で、株価が下がっているだけ。

なにも、企業業績が悪いから株価が下がっているわけではありません。

だったら、売る必要はないんじゃないですかね?

最後に

きっと、アメリカ株は、年末までには、復活してくると思います。

なので、それまでは、損切りはしません。

僕の基本的な考えは、こうです。

『インデックスに投資する』『マイナスで売らない』『投資をやめない』です。

個別株だと、株価は戻ってこないかもしれません。

なので、そういった場合は、損切りしたほうがいいと思います。

しかし、インデックスの場合は、違いますよね。

だって、株価が下がって来たら、その会社はインデックスから外されるわけです。

簡単に言えば、インデックスを買っておけば、勝手にリバランスしてくれるというわけです。

なんて、便利な投資法なんでしょうか・・・

インデックス投資をされている方は、慌てて売らない方が良いと思いますよ!

本日も最後までお付き合いありがとうございました。