子供の教育費って不必要に使ってしまったかもしれない。我が家の失敗談

 

こんにちは。たかです。

我が家には、2人の子供がいます。

長男は20歳、長女は18歳です。

長男は、既に就職していますので、お金はかかっていません。

長女は、まだ、専門学校に行ってますので、仕送りとか考えると、年間で結構な額が、かかっております。

こんな記事を読みました。

『金に細かい夫と無関心な妻”家計簿バトル”』です。

この記事の中で、少し気になったのが、『子供の教育費』です。

子供の教育費って必要なのか?

この記事に出てくるご家庭の収入は、月に約45万円です。

結構、高収入ですよね。

ボーナスは、約100万円あるみたいです。

ですが、貯金があまり出来ないみたいです。

その中で、『教育費』が、月に4万8000円かかっています。

塾代と習い事みたいです。

まだ、お子さんは、中学2年生と小学4年生です。

教育費は、これから、ますますかかると思われます。

さて、ホントに教育費って、必要なんでしょうか?

勉強が好きじゃなかったら塾はいらない

もし、子供が勉強する事を好きじゃなかったら、塾とか行く必要はないんじゃないか?って思います。

極端な意見かもしれませんが、塾なんか行かなくても、何とかなります。

我が家の子供たちも、塾に行きましたが、まったく意味がありませんでした。

長男は、最終的には工業高校に進んで、卒業してから就職しました。

塾なんか行かなくったって、高校には入れましたからね・・・

まあ、自分で塾に行きたいって言ったので、行かせたんですが、勉強しない子には、不必要でした。

単に、友だちと塾で遊んでいただけみたいです。

月に5万円は、かかっていましたね・・・

遊び代としては、高すぎました。

中高一貫校もかんがえもの

長女は、中高一貫校に進みました。

当然、私立です。

かなりの学費でした。

結局、高校を卒業してからは、専門学校に進みました。

それだったら、別に、中高一貫校じゃなくても良かったわけです。

公立の中学から、普通高校に進学すれば、良かったわけです。

これまた、不必要な学費を使ってしまいましたね・・・

最後に

まあ、これは、結果論にしかすぎません。

ですが、僕が言いたいことは、『教育費を無限にする』って事は、しない方が良いです。

子供にも、ちゃんと、教育費の限度額を教えたほうが良いですね。

『あなたには、このくらいしかお金は使えません』って。

長女が専門学校に進むときには、限度額を教えました。

そしたら、奨学金が貰える学校を選んできました。

アルバイトもしているようです。

教育費は、将来への投資かもしれません。

ですが、投資しすぎは良くないと感じています。

これから、子育てをされる方は、少し、考えたほうが良いと思いますよ。

すみません、大きなお節介でしたかね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。