僕ら夫婦が死んだあと、この家だれかにあげたほうが役に立つかな。

 

こんにちは。たかです。

僕も今年で50歳になります。

子供2人も、もう少しで社会人です。

振り返ってみると、今まで、お金がかかったことと言えば、教育費・住居費・老後資金ってところでしょうか。

もしかしたら、親の介護費が、さらに必要になるかもしれませんが。

今の時代、夫婦共働きでないと、なかなか生活苦しいですよね。

僕らの時代もそうでしたが。

そんな中、子供を育てるのは、本当に大変です。

こういった背景も、少子化の一因かもしれませんね。

子供って教育費だけじゃない

子供が出来ると、教育費が必要になってきます。

特に、私立の高校や大学に進学すれば、多額の教育費が必要になります。

でも、そればかりじゃないんですよね。子供って。

当然、食費はかかりますし、服だって必要になります。

最近は、携帯電話だって持っていますし、いろいろお金がかかってきます。

今の若い人は賢いですから、そんなリスクを負ってまで、子供が欲しいとは思わないんでしょう。

そんな中、来月10月から、幼児教育の無償化が始まります。

少しは、家計にやさしくなるんでしょうね。

ちょっとだけ、うらやましい。

国も、手を打ってくれていますが、少子化を止めることが出来るか疑問であります。

住居費をタダに出来たら

最近、僕の家の周りでも、空き家が目立つようになりました。

高齢夫婦が施設に入ったり、亡くなったりして、住む人がいなくなっているんです。

ところが、その家を引き継ぐ人がいない。

子供がいなかったり、既に子供も家を持っていたりするので、必要ないわけです。

我が家の場合も同じです。

子供が2人いますが、いまのところ、家は要らないと言っています。

自分たちで、建てたいみたいです。

そうなると、この家も、空き家になってしまう可能性があります。

だったら、タダでもいいので、欲しい人に差し上げたほうがいいような気がするんですが・・・

そうすれば、その方の住居費がタダになりますので、家計も楽になるでしょう。

子供に使えるお金も出てきますので、『もう一人子供を作ろうか?』なんていうご夫婦もいるかもしれません。

国の援助がない

教育費は幼児教育無償化など、国も対策を考えてくれています。

老後資金は、破綻するかもしれませんが、年金制度があります。

ですが、住居費に関しては、あまり支援がありません。(無くはないですが・・・)

大企業であれば、住宅補助がありますので、楽になるんですが、そうでなければ全額自己負担です。

家族4人が住める家なんて、家賃10万円以上するのは、当たり前ですよね。

これは、かなり家計を圧迫します。

であれば、国が空き家を回収して、欲しい人に分けてあげたらどうでしょうね。

自治体によっては、条件付きで『家をタダであげます!』なんてことありますが、国としてもっと活性化させたらどうでしょうか。

そして、固定資産税も軽くしていく。

そうしないと、なかなか空き家も減らないし、生活も楽にならないです。

最後に

国民の所得が上がらない今、なんとか節約しないといけませんよね。

あるものを大事に使っていく。

ホントに、空き家って、もったいないなぁって思います。

僕の家の周りにある空き家なんて、外観はきれいなままです。

きっと、メンテナンスをされていたんだと思います。

内装を変えるだけならば、そんなにお金はかかりませんし。

もっと、国民が楽になれるような方法を、国には考えてほしいものです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

お家あげます (実業之日本社文庫) [ 沖田正午 ]

価格:699円
(2019/9/24 18:37時点)