僕は50代サラリーマンの悪循環に陥っている。

 

こんにちは。たかです。

今日は、日曜日なんですが、既に、明日の仕事のことで頭がいっぱいです。

そして、うつ気味・・・

楽しくない日曜日になってしまいました。

特別、明日、大きな仕事があるわけではありません。

とにかく、会社に行きたくない・・・

みなさん、どうですか?

日曜日の午後の心境は・・・

なんで、こんなに風になっちゃったのか?

僕は、20代、30代、40代前半までは、こんな風になったことは、あまりありません。

全く無いって訳ではありません。

たまには、『明日、会社いきたくないなぁ』って思う時もありました。

その時って、だいたい、面倒な仕事を抱えている時です。

いたって、普通の仕事の時は、そんなにイヤになることは、無かったですね。

では、なんで、今頃、こんなに事になったのか?

指摘されることの方が多い

年を取ってから、上司から、指摘されることが多くなりました。

『管理職として、あれが出来てない。これが出来てない』って事が多いです。

ちなみに、僕は、部下なし管理職です。

まあ、出来の悪い管理職ですね。

何かにつけて、『管理職として・・・・・』って、指摘(文句)を言われるわけです。

確かに、能力が低いんで、仕方のない事ですが、『そこまで言わなくても・・・』って時がありますね。

頻繁に、指摘されると、ほんとにイヤになりますね。

自信も無くしますし・・・

若い人と何がちがうのか?

若い人の場合は、上司も、頑張っている点を見ようとしています。

そして、称賛されるわけです。

これは、良い事だと思います。

若い人の自信にもつながりますし、上司への信頼度も上がると思います。

ところが・・・

50歳くらいになると、頑張っている点なんて、見ていません。

当たり前ですよね。

キャリアもあるわけですから、出来て当たり前。かもしれません。

ですが、かなり、ハードルの高いエリアを、担当させたりもしますので、結果が出ません。

一方では、若いころに比べて、能力も落ちてきています。

なので、結果も出ませんし、いい点も見えにくいんです。

そうなると、上司として目に付くのは、出来てない点ばかりです。

上司としては、オジサン社員には、指摘することが多くなるわけです。

50代のサラリーマンの悪循環とは

どんなに、ベテランであっても、称賛や承認されることは、非常に大切なことだと思います。

仕事に対するモチベーションに、大きく影響してくると感じてます。

ですが、現実は、承認されることは、ほとんどありません。

称賛・承認されない⇒指摘ばかりされる⇒やる気が落ちる⇒結果が出ない⇒称賛・承認されない。

この悪循環に、僕も入り込んでしまったようです。

最後に

僕も、30代の頃は、50代の部下を持ったことがあります。

出来る限り、この悪循環にならない様に、気を付けていました。

ですが、いざ、自分が悪循環に入り込んでしまうと、気がつかなったです。

のこり、5か月くらいですが、なんとか脱出したいと思います。

まずは、結果を出すしか、方法はありません。

でも、この考え方が、更に、自分を追い込んでいくように思います。

人からの評価なんかを、気にしなければ良いですけどね・・・

早期退職して、自分で仕事をはじめれば、こんな苦痛は味合わなくて済みそうです。

だって、自分で仕事をすれば、称賛もされませんが、指摘もされません。

これであれば、気分が落ち込むことも、無くなるように思います。

『雇われない働きかた』、これを目指します。

ん~、サラリーマンとは、ややこしい仕事だと思いました。

早く、脱出します!!

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

【中古】 サラリーマン大脱走のすすめ 五十歳からの人生再設計読本 / 関根 進 / 日経BP社 [単行本]【ネコポス発送】

価格:299円
(2018/11/11 15:26時点)