内臓脂肪が減っていく、きつくない運動とは。1か月で5kg減るかも

 

こんにちは。たかです。

会社を早期退職してから、運動不足になってきました。

仕事をしている時は、なんだかんだ、歩くことが多かったです。

今は、意識して歩かないと、ホントに足腰が弱くなっていきますね。

僕の日常生活で『歩く』という行動をするときは、『犬の散歩』くらいのものです。

これでは、運動不足にもなりますよね・・・

でも、気合を入れて、『運動を始めるか!』っていう気分でもありません。

そこで、最近、はじめたのが、『スロージョギング』です。

といっても、ジョギングをする為に、時間を割いているわけではありません。

愛犬の散歩の時に、歩くんじゃなくて、スロージョギングをしているんです。

では、スロージョギングとは何かを書いてみたいと思います。

きつくなったらダメ

スロージョギングのいいところは、きつくないところです。

逆に、『きつい!』って感じたら、ダメなんですね。

スロージョギングとは、文字通り、ゆっくりと走る事です。

どのくらいかというと、『歩くよりちょっと早い』くらいのスピードです。

なので、前に歩いている人がいると、なかなか、追いつきませんし、追い抜くのにも時間がかかります。

ちょっと、恥ずかしい時もありますが・・・

このくらいのスピードですので、息が上がることはありません。

息が上がる場合は、スピードが速すぎます。

スロージョギングって、要は有酸素運動なんですね。

しっかり息を吸って、体内に酸素を送り込む。

そうすることによって、効率よく脂肪が燃焼していきます。

『ハァ~、ハァ~』となってはいけません。

出来るだけ長い方がいい

スロージョギングでは、可能であれば、30分以上継続したほうがいいと思います。

走り始めは、血液中の糖分がエネルギーとして燃焼されますが、30分以上続けていると、脂肪を燃焼し始めます。

ですので、長い時間、ジョギングしていた方が、効果はあると思います。

まず消費してくれるのが、内臓脂肪です。

実は、一番減らしやすいのは、内臓脂肪なんですよね。

メリット

普通のジョギングを始めると、かならず、膝を痛めます。

これは、僕も実証済です。

なぜかというと、現代は、アスファルトが多いからなんです。

土の上を走るのであれば、まだ、大丈夫なんですが、硬いアスファルトの上を走ると、数日で膝を痛めますので、ご注意ください。

スロージョギングは、ゆっくり走りますので、膝にやさしいですが、ジョギングシューズを使った方がいいです。

足にかかる衝撃を吸収してくれる、しっかりしたシューズがいいです。

安いものは、やめた方がいいです。

僕は、失敗しましたので・・・

ミズノ メンズ ランニングシューズ ジョギングシューズ ウエーブライダー 22 スーパーワイド J1GC1832

価格:13,932円
(2019/5/13 09:57時点)

そして、一番効果を感じるのは、お腹の部分です。

1か月も経たないうちに、お腹がへっこんで来るのが分かると思います。

ちょっと、やる気も出てきますよね。

スロージョギングに合わせて、ちょっとだけ、白米をすくなくすると、かなり効果的です。

お茶碗、半分くらい減らすだけでも、十分効果が表れます。

今が一番いい季節

今は、暑くもなく、寒くもなく、とってもい季節です。

朝は、とっても清々しいですので、始めるのには、いい季節かもしれません。

でも、1か月もすれば、梅雨になりますが・・・

お勧めは、朝ですね。

空気もきれいですし、真夏でも、涼しいですからね。

仕事がお休みの日だけでも、どうでしょうか?

今日は、早期退職して、運動不足になったおデブからのご提案でした。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。