洗面台から水漏れ。会社を辞めたらお金がかかる事ばかり。3万円覚悟か?

 

こんにちは。たかです。

母親が骨折してから、家のリフォームを考えていたんですが、なんとか、歩けそうなので、それも回避できそうです。

予定外の出費が無くなって、良かった、良かった!

と思っていたら、今度は、洗面台から水漏れが・・・

一難去って、また一難。

どこから漏れているか分からず、住宅屋さんに連絡をして、業者さんに来てもらいました。

明日から、休みになるかもしれませんからね・・・

3万円は覚悟

洗面台の水漏れの修理って、どのくらいかかるんでしょうか?

業者さんに来てもらうまでの間に、ネットで調べてみました。

そしたら、だいたい、1万円~3万円が相場のようです。

ほとんどが、作業代で、それに交換した部品代が加わります。

悪い業者に頼んでしまうと、10万円以上、請求されるケースもあるみたいです。

やっぱり、住宅屋さんを通じて、業者さんにお願いしたほうが良いですね。

『あ~、3万円の出費か~』なんて、思っていましたら、業者さんが来てくれました。

あっさり終了

早速、業者さんに、水漏れの場所を確認してもらいます。

水を出しながら、パイプを触っていきます。

そしたら・・・

『ん、ここじゃないですかね?』って。

水漏れを確認し始めて、ものの数分です。

排水パイプと『トラップ』と呼ばれるS字の形のパイプがあるんですが、そのつなぎ目にあるナットが緩んでいたみたいです。

そこから、少しだけ、水漏れしていたようなんです。

僕が、調べた時は、なんともなかったのになぁ~

さすが、プロですね。

僕とプロとのやり方の違いは、『洗面台に水を一杯に貯めて、一気に流すかどうか』でした。

一気に流すことで、水漏れがひどくなるみたいです。

たしかに、娘は洗面台に水を貯めることがよくあります。

僕ら夫婦はそんなことしませんので、娘が帰ってくるまでは、水漏れしなかったのかもしれません。

水漏れ修理完了

ってことで、排水パイプとトラップをつないでいるナットを締めることで、水漏れはしなくなりました。

これだったら、素人でも出来ましたね・・・業者さん、お手を煩わせてごめんなさい。

問題は、ここからです。

いったい、このくらいのことで、お金はかかるのだろうか?

たしかに、点検もしてもらったし、水漏れも直してもらったし・・・

お金を請求されても、文句は言えません。

ですが、1円も受け取る事なく、業者さんは帰っていかれました。

良かった~。

3万円浮いた・・・


水漏れポイント

作業をしながら、業者さんに、水漏れポイントを教えてもらいました。

①給水管と止水栓の根元にあるナットが緩んでいる。あるいはパッキンが劣化している

②排水パイプとトラップにあるナットが緩んでいる(我が家のケース)

③洗面台と排水パイプの間にあるパッキンが劣化している

以上の3つが、よくあるケースなんだそうです。

時々は、ナットが緩んでいないか、確認したほうが良いとアドバイスもらいました。

キッチンも同様なんだそうですよ。

最後に

家が壊れていくのは怖いですね・・・

出ていくお金の額が、結構大きいですから。

実は、最近、気になっていることがあります。

それは、『床がペコペコしていること』なんです。

トイレの前の床が、少しだけ、へこむような気がするんですよね・・・

もしかしたら、ここも修理しないといけないのかなぁ~。

ホントに、家はいりません。

お金がかかるばかりですから。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。