住宅ローンは定年までにはゼロにしておきたい。退職金は温存して。

 

こんにちは。たかです。

退職後に住宅ローンが残るって方、いらっしゃいますか?

僕が勤めていた会社には、たくさんいました。

40歳くらいで5000万円のローンを組んでいる人もいました。

仮に5000万円を定年までの20年間で支払おうとすると、月に23万円ほど返済しないといけません。

年収が1000万円あったとしても、なかなか、厳しいものがありますね。

さて、今日、こんな記事を目にしました。

『年収1200万円夫婦が、4000万円の住宅ローンで「地獄を見た」ワケ』です。

パットみて、年収1200万円で4000万円のローンだったら、なんとかなりそうですがね。

では、どうして、地獄を見ることになったんでしょうか?

登場するご家庭

旦那さんが43歳時に、4000万円の住宅ローンを組んで新居を構えます。

その時の年収は、1200万円です。

その時の生活は、毎月、住宅ローンの返済と子どもの教育費、必要な生活費などの支払いを済ませた後に、外食や旅行を楽しむ程度だったようです。

特別、贅沢はしていなかったみたいです。

そして、めでたく60歳で会社を定年されるわけですが、ここで問題が・・・

なんと、60歳の時点で、まだ、住宅ローンが2000万円残っていたんだそうです。

定年後は再就職しましたが、年収は300万円までに下がってしまいました。

年間の住宅ローン返済は約180万円、マンションの共益費が年間50万円かかったそうです。

貯金など切り崩して支払ったそうですが、限界が来てしまいました。

やむを得ず、子供に助けを求めることになってしまったわけです。

さて、みなさん、どう思いますか?

定年までに支払いは終了できなかったのか?

年収1200万円ってことは、手取りにすれば、約900万円はあったと思います。

月にすれば、約75万円はあったでしょうね。

43歳で住宅ローンを組んでいますので、60歳まで17年あります。

17年間で、4000万円を完済しようとするならば、月に22万円支払えばいいわけです。

ってことは、75万円ー22万円=53万円が住宅ローンを支払っても、毎月、手元に残るわけです。

子供さんに学費ががる時期は、貯金するのは難しいかもしれません。

ですが、ローン返済は出来たんじゃないかと思います。

対策して来なかった?

今でも、年間に180万円のローンを返済しているってことは、月に15万円支払っているということです。

4000万円の借り入れをして、毎月の支払15万円、返済期間35年のローンを組んでいたのかもしれません。

そうすると、金利は約3%弱になります。

もしかしたら、未だに、この状態を続けているのかもしれません。

繰り上げ返済やローンの借り換えなど、何も対策して来なかった可能性がありますね。

そして、定年退職時のローン残高を知らなかったんでしょう・・・

もし、知っていれば、焦りも出てきて、対策も考えたんでしょうが。

でも、途中で、リストラされなかっただけ、ラッキーかもしれませんね。

住宅ローンはこうして借りなさい 改訂7版

新品価格
¥1,540から
(2019/11/19 12:12時点)

最後に

退職して収入が減った時に、借金があるのは非常につらい状況になります。

これだけは、避けたほうがいいですね。

どのFPさんも、『定年退職時までに、住宅ローンは完済すること』って言っています。

僕も、そのとおりだと思います。

退職金でローン返済もいいですが、それをやってしまうと、老後の資金が減ってしまいます。

できれば、現役時代に生活費を切り詰めて、定年までにはローンを完済する。

そして、退職金は、老後資金に回す。

これが、理想的だと思います。

もし、これが出来なければ、僕は、賃貸に住んだ方がいいと思います。

精神的にもいいですし、家のメンテナンス費用も必要ありませんからね。

意外と、今の家って壊れやすいですので・・・

これから、家を建てようと思われる方は、十分ご検討ください。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。